田中 鮎夢

田中 鮎夢顔写真

田中 鮎夢 TANAKA Ayumu

リサーチアソシエイト

青山学院大学経済学部准教授

※報道機関等からのお問い合わせ・取材依頼は原則お断りしています

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

国際経済学、文化経済学

学歴

2005年 京都大学経済学部経済学科卒業
2007年 京都大学大学院経済学研究科博士前期課程修了
2007年 京都大学 修士 (経済学)
2010年 京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了
2010年 京都大学 博士 (経済学)

職歴

2010年 - 2013年 独立行政法人経済産業研究所 研究員
2013年 - 現在 独立行政法人経済産業研究所 リサーチアソシエイト
2013年 - 2016年 摂南大学経済学部 講師
2016年 - 2021年 中央大学商学部 准教授
2021年 - 現在 青山学院大学経済学部 准教授

主な著作物

論文

  • "Higher wages in exporters and multinational firms evidence from linked employer–employee data," International Economics and Economic Policy, Vol.19, pp.51-78, 2022. https://doi.org/10.1007/s10368-021-00517-2
  • "Foreign Ownership, Exporting and Gender Wage Gaps: Evidence from Japanese Linked Employer-Employee Data," Journal of the Japanese and International Economies, Vol. 61, 2021. (with Theresa M. Greaney). https://doi.org/10.1016/j.jjie.2021.101151
  • How Does UNESCO's Convention on Cultural Diversity Affect Trade in Cultural Goods?," Journal of Cultural Economics, Vol. 44, pp.625–660., 2020. (with Naoto Jinji). https://doi.org/10.1007/s10824-020-09380-6
  • "How Do Exporters Respond to Exogenous Shocks: Evidence from Japanese Firm-level Data," Japan and the World Economy, Vol. 51, 2019. (with Banri Ito and Ryuhei Wakasugi). https://doi.org/10.1016/j.japwor.2019.100962
  • "Foreign Direct Investment and Temporary Workers in Japan," Journal of Asian Economics, Vol. 48, pp.87-99, February 2017. http://doi.org/10.1016/j.asieco.2016.10.004
  • "External R&D, Productivity, and Export: Evidence from Japanese Firms," Review of World Economics, Vol. 152, No.3, pp.577-596, August 2016. (with Banri Ito). http://doi.org/10.1007/s10290-015-0240-y
  • "Recovery of the Supply Chain after the 2011 Mega-quake in Japan," Millennial Asia, Vol.6, No.1, pp. 1-18, January 2015 (with Ryuhei Wakasugi). http://doi.org/10.1177%2F0976399614563221
  • "The Impacts of Natural Disasters on Plants' Growth: Evidence from the Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake," Regional Science and Urban Economics, Vol. 50, pp.31-41, January 2015. http://doi.org/10.1016/j.regsciurbeco.2014.11.002
  • "The Causal Effects of Exporting on Domestic Workers: A Firm-Level Analysis using Japanese Data," Japan and the World Economy, Vol. 28, pp.13-23, December 2013. http://doi.org/10.1016/j.japwor.2013.06.003
  • "Firm Productivity and the Number of FDI Destinations: Evidence from a Non-parametric Test," Economics Letters, Vol. 117, No.1, pp.1-3, October 2012. http://doi.org/10.1016/j.econlet.2012.04.079
  • "Productivity Heterogeneity and Internationalization: Evidence from Japanese Firms," Millennial Asia, Vol.3, No.1, pp.45-70, January 2012 (with Ryuhei Wakasugi). http://doi.org/10.1177%2F097639961200300103
  • "Activities of Japanese Multinationals with Productivity Heterogeneity," The International Economy, No. 14, pp. 128-142, January 2010 (with Ryuhei Wakasugi). http://doi.org/10.5652/internationaleconomy.ie2010.08.w.t
  • 「文化的財の国際貿易 : 課題と展望」『文化経済学』文化経済学会<日本>13巻2号、pp.29-39。
  • 「百花繚乱 : 国際経済学における実証研究(第2回) 国際貿易と重力の意外な関係 : 重力方程式の基本」『世界経済評論』60巻3号、pp.91-97。
  • 「企業の国際化における企業異質性と市場特性」『三田学会雑誌』102巻3号、2009年10月、pp. 41-60(若杉隆平氏との共著)。
  • 「輸出及び外国直接投資と企業の異質性に関する研究展望」『経済論叢』183巻3号、2009年7月、pp. 101-112。

書籍

  • 『新々貿易理論とは何か-企業の異質性と21世紀の国際経済-』(ミネルヴァ書房、2015年)。
  • Internationalization of Japanese Firms: Evidence from Firm-level Data、(Ryuhei Wakasugi, ed., 2014, Springer) 第2、3、6章分担執筆。
  • 若杉隆平編『現代日本企業の国際化:パネルデータ分析』(岩波書店)、2011年。(1,2,3,6章分担執筆)
  • 「企業の生産性分布と産業特性」浅子和美・青木玲子編著『効率と公正の経済分析:企業・開発・環境』(ミネルヴァ書房)、2012年3月、第2章、pp. 47-59。(若杉隆平氏との共著)

RIETI Discussion Paper Series

RIETIコラム

その他

その他

所属学会

American Economic Association、日本経済学会、日本国際経済学会