日本語タイトル:自然災害が事業所の成長に与える影響:阪神淡路大震災の分析

The Impacts of Natural Disasters on Plants' Growth: Evidence from the Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake

執筆者 田中 鮎夢  (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2013年6月  13-E-051
研究プロジェクト 日本経済の創生と貿易・直接投資の研究
ダウンロード/関連リンク

概要

1995年に発生した阪神淡路大震災は、神戸市の無数の事業所に影響を与えた。本論文は、阪神淡路大震災に着目して、『工業統計』(経済産業省)からの事業所データを用いて「創造的災害仮説」の検証を行う。創造的災害仮説とは、自然災害が被災地の企業・事業所の成長をむしろ促すというものである。本論文は、被災地事業所と同様の属性を持つ事業所を非被災地から抜き出し比較するマッチング法と、差の差推定法の双方を用いて、震災の影響を明らかにすることを試みた。実証分析の結果からは、神戸市の被災地域の存続事業所の付加価値の成長が、その他地域の事業所に比べて、平均的に非常に低い傾向にあることが分かった。この結果は、従来の実証研究と異なり、創造的災害仮説の再考を促すものである。

概要(英語)

The Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake in 1995 affected numerous plants in Kobe. In this study, I focus on this earthquake and use plant-level data to re-examine the creative disaster hypothesis which states that natural disasters enhance the growth of firms or plants in the affected areas. I employ the matching method and the difference-in-difference (DID) approach to reveal the effects of the quake. The results show that the plants that survived in the most devastated districts of Kobe faced severe negative effects in terms of employment growth and value added in the subsequent three years. This result is not consistent with previous empirical studies that support the creative disaster hypothesis.

Published: Ayumu Tanaka, 2015. "The Impacts of Natural Disasters on Plants' Growth: Evidence from the Great Hanshin-Awaji (Kobe) Earthquake," Regional Science and Urban Economics, Vol. 50, pp. 31-41.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0166046214001112