日本語タイトル:輸出企業と多国籍企業の賃金プレミアム-日本の雇用主=被雇用者接合データによる分析-

Wage Premiums for Exporters and Multinational Enterprises: Evidence from Japanese linked employer-employee data

執筆者 田中 鮎夢  (リサーチアソシエイト)
発行日/NO. 2015年9月  15-E-106
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、日系輸出企業と日系多国籍企業、外資系企業の賃金プレミアムを分析したものである。分析には、日本の雇用主=被雇用者接合データおよびミンサー型賃金式を用いた。また、賃金分布の各分位点での賃金プレミアムを明らかにするために、標準的な最小二乗法(OLS)による回帰分析だけではなく、分位回帰(QRs)による分析も行った。既存研究とは異なる本研究の特徴は、日系輸出企業と日系多国籍企業、外資系企業の賃金プレミアムを同時に分析している点である。分析の結果からは、事業所や労働者の属性を制御すると、日系輸出企業と日系多国籍企業の賃金プレミアムはなくなることが分かった。一方で、事業所や労働者の属性を制御しても、外資系企業の賃金プレミアムは残ることが分かった。このことは、日本において、輸出していることや多国籍企業であることでなく、外資系であることが賃金プレミアムに寄与していることを示唆する。分位回帰からは、外資系企業の賃金プレミアムが、高賃金労働者に対して手厚いことも分かった。対照的に、日系輸出企業と日系多国籍企業の賃金プレミアムは、高賃金労働者ほど小さくなることが分かった。



概要(英語)

This study examines wage premiums for exporters, domestically owned multinational enterprises (MNEs), and foreign-owned firms, using Japanese linked employer-employee data. In this study, I employ the Mincer wage equations to investigate the wage premiums. In addition to the standard regression method, I use the quantile regression (QR) technique to reveal the premium in each quantile of the wage distribution. Unlike previous studies, this study jointly examines the premiums for exporters, domestically owned MNEs, and foreign-owned firms, and shows that wage premiums for foreign firms exist, whereas for local exporters and domestically owned MNEs, they almost disappear, after controlling for plant and worker characteristics. The results from QRs reveal that the foreign wage premium is larger in the higher quantiles of the wage distribution. In contrast, the wage premiums for exporters and domestically owned MNEs are smaller and even negative in higher quantiles.