パンデミックの使者、コウモリに要注意
早くも危惧されるコウモリ由来の次の感染爆発

藤 和彦
コンサルティングフェロー

「ウイルスの発生源の解明に向けて、さらなる研究が必要で、今後も継続していく」

新型コロナウイルスの発生源を調べるため世界保健機関(WHO)が中国湖北省武漢市に派遣した調査団は2月9日記者会見を行い、今回の結果をこのように語った。

WHO調査団は、疫学、ウイルス学、公衆衛生学、動物健康学、食品安全学などの専門家から構成され、2週間の隔離期間を終えた1月28日から現地調査を開始した。1月31日に世界で初めて新型コロナウイルスの集団感染が確認された武漢市の華南海鮮卸売市場を視察したが、同市場は徹底的に消毒され、売られていた野生動物も回収されていた。当時の状況を正確に把握するのは困難だったとされている。

2月3日には、トランプ前米政権が「新型コロナウイルスの流出先だ」と主張していた中国科学院武漢ウイルス研究所を訪問した。WHO調査団はこの施設に4時間弱滞在し、「バット(コウモリ・ウーマン)」の異名を持つ著名な研究者、石正麗氏らと協議した。石氏は2002年から2003年にかけて中国を中心に世界で流行したSARSウイルスがコウモリ起源だということを証明して「バット・ウーマン」と呼ばれるようになった。WHO調査団は訪問後「率直でオープンに議論した。重要な質問にも返答があった」としていた。

一連の調査を終えたWHO調査団は「動物が媒介となり、人に感染した可能性が最も高い。コウモリなどから感染した可能性があるものの、どうやって武漢市の海鮮市場にウイルスが入り込んだか断定できない。その特定にはさらなる調査が必要である」との見解を示した。また、発生源との指摘があった武漢ウイルス研究所については、「管理体制が整っていることから、ウイルスが流出した可能性は極めて低い」としている。

アジア各地のコウモリから新型コロナの類似ウイルス

WHO調査団の報告を聞くと、「このままでは中国の主張(新形コロナウイルスの発生源は中国ではない)にお墨付きを与えるだけの調査に終わりかねない」との懸念が生じてしまうが、WHOはあくまで「調査の目的は、新型コロナウイルスの感染経路を追跡することで、将来のウイルスの感染拡大を防ぐことが重要であり、中国の科学者や公務員と共同調査の協力関係を構築することが重要である」とのスタンスである。

その理由は、「SARSはコウモリから人に感染した可能性が高い」という事実が判明するまで10年以上の時間を要したことから、「新型コロナウイルスの発生源の解明には数年かかる可能性がある」と考えているからである。

WHO調査団のメンバーであるドワイヤー氏(豪州のウイルス学の専門家)は「中国でコウモリが生息している洞窟を訪れて調査を行う必要がある」と主張している。

新型コロナウイルスのそもそもの発生源として世界の研究者が注目しているのは、2013年に中国雲南省の洞窟に生息するコウモリから採取されたコロナウイルスである。このウイルスの遺伝情報が新型コロナウイルスのものと96%以上も合致していたのだ。

この洞窟は、昆明市の市街地から南西に40キロメートル、ラオスとベトナムとの国境近くの山村にある。山村にはかつて銅の採掘場があったが、2012年にその坑道に入った人から重症の急性呼吸器疾患が多発した(2020年12月17日付朝日新聞)。コウモリの糞にこのウイルスが潜んでおり、それを吸った人が発症したとされている。

新型コロナウイルスと遺伝情報が近いウイルスはこれだけではないことがわかってきている。1月28日付サウス・チャイナ・モーニング・ポストは「2010年にカンボジア北部で捕獲された『キクガシラコウモリ』の冷凍試料から新型コロナウイルスに類似するウイルスが発見された」と報じた。キクガシラコウモリは、体長6~8センチメートル、鼻の回りの複雑なひだ(鼻花)が菊の花に似ていることが和名の由来である。夜行性で昼間は洞窟などで眠っている。このキクガシラコウモリから新型コロナウイルスと遺伝情報が92%以上一致するウイルスが見つかったのである。

驚くことに新型コロナウイルスに類似するウイルスは、日本のコウモリからも見つかっている。東京大学の村上晋准教授(ウイルス学が専門)は2020年11月、「研究室で凍結保存していたキクガシラコウモリ(2013年に岩手県の洞窟で捕獲)の糞から新型コロナウイルスに類似するコロナウイルスが検出された」ことを明らかにした。

急がれる中間宿主の特定

中国以外にカンボジアや日本でこのような発見が相次いでいるのは、新型コロナウイルスのパンデミックを契機に、WHOがアジア地域全体でコウモリの体内に存在するウイルスについてのサーベイを行ったからである。

新型コロナウイルスのそもそもの発生源はコウモリだということは共通認識になっているが、4パーセント弱しか違わない雲南省のコウモリのウイルスでも中間宿主を介さずに自然の進化だけで新型コロナウイルスになるためには40年以上の時間が必要とされている。

SARSの場合はタヌキやジャコウネコを介して人に感染したが、「新型コロナウイルスについても中間宿主(新型コロナウイルスの遺伝子情報と99%以上が一致しているウイルスを体内に保有)をなんとしてでも見つけ出さなければならない」とWHOが考えていることは間違いない。この中間宿主を発見することが今回のWHO調査団の主目的だったが、未達成に終わってしまった。極めて困難な作業を言わざるを得ないが、この作業は継続されなければならない。コウモリをそもそもの発生源とする次のパンデミックの発生が懸念されているからである。

中国南部と東南アジアの生態状況に関する調査結果によれば、過去100年間に開発が進んだことでその状況が一変し、人とコウモリが接触しやすい環境となったことが明らかになっている。中国雲南省だけでも過去100年間に新たに40ものコウモリが発見されているが、コウモリが生息する森林が伐採され、コウモリが農場近くに移動したことが主な要因である。個々のコウモリの体内には平均して約3種類のコロナウイルスが存在していることから、40もの新種のコウモリが発見されたことで100種類以上の新たなコロナウイルスが人が感染するリスクが生じている。

米CDCは「今後発生が予測される新興感染症の4つのうち3つは動物由来である。中でもコウモリ由来のパンデミック発生には要注意である」との見方を示している。このため感染源となる可能性が高いコウモリを見つけることは極めて重要であり、人に危険を及ぼすウイルスを保有するコウモリとの接触を減らせば、次のパンデミックを防ぐことができる。このような観点から、アジア地域全体でコウモリをはじめとする野生動物の監視が必要であり、特に中国との協力が不可欠なのである。

次のパンデミックを引き起こすウイルスは?

残念ながら危険なウイルスを体内に保有しているのはキクガシラコウモリだけではない。マークすべきウイルスもコロナウイルスだけではないようだ。

新型コロナウイルスの収束にいまだ目途が立っていない現在、次のパンデミックの話をすることは心苦しいが、オランダを拠点とする「医薬品アクセス財団」は1月下旬、「次のパンデミックのリスクは、死亡率が最大で75%とされる『ニパウイルス』の中国での感染爆発である」との警告を発している。

ニパウイルスの媒介者は、大きいものは体長2メートルにも成長するオオコウモリである。最初の感染例は1999年、マレーシアのニパ川沿いに暮らしていた養豚業者だったが、オオコウモリの尿が付着していたナツメヤシの実を食べた豚と人が接触したことがその原因だとされている。2004年にはオオコウモリの分泌物が含まれていたパームジュースを飲んだバングラデシュの人々の間で感染が広がり、インド、シンガポールでの感染例も報告されている。その後南アジア地域を中心に12カ所で集団感染が確認されており、集団感染は毎年のように起きている。

初期症状は風邪に似ており、発熱や頭痛、筋肉痛、嘔吐、喉の痛みなどが生じる。重症化すると急性呼吸不全を起こし、2~3日で昏睡状態になるという。無症状者から感染が広がることも確認されている。

これまでのところ中国での発生は報告されていないが、ニパウイルスを媒介する動物として、オオコウモリとともに豚の存在に注目が集まっている。中国は世界最大の豚肉生産国だが、2018年にアフリカ豚熱が蔓延したことで、国内の飼育されている大量の豚が処分された。飼育頭数は昨年(2020年)後半から急速に回復しているが、飼育されている豚の間で昨年末から下痢の症状を伴う新たな感染症が蔓延し始めている(2月4日付ZeroHedge)。この原因がニパウイルスかどうかは定かではないが、中国における養豚場の衛生状態が悪いことは関係者の間では周知の事実である。

このように次のパンデミックをなんとしてでも防止しようとしているWHOをはじめとする世界の研究者の取り組みを、国際社会は一致団結してこれまで以上に支援していくことが不可欠ではないだろうか。

2021年2月12日 JBpressに掲載

2021年2月19日掲載