政策研究領域(基盤政策研究領域) I. 少子高齢化社会における経済活力の維持

ワーク・ライフ・バランス施策の国際比較と日本企業における課題の検討

プロジェクトリーダー/サブリーダー

武石 惠美子 顔写真

武石 惠美子 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

2010年度

本研究は、わが国でワーク・ライフ・バランス(WLB)社会を実現するにあたっては企業の役割が重要であることに鑑み、企業がWLB施策を導入・運用する上での課題を整理し、必要な方策を検討することを目的として実施してきた。日本の政策、あるいは企業や職場の現状について、欧米の制度や施策を参照しながら分析を進めてきたが、特にイギリス、スウェーデン、オランダに関しては、企業等を対象とするアンケート調査およびインタビュー調査を実施した。ここで得られた国際比較が可能なデータを用いながら、日本のWLBの現状および課題を実証的に分析し、必要な提言に結びつけていく。

2008年度~2009年度

本研究は、わが国でワーク・ライフ・バランス(WLB)社会を実現するにあたっては企業の役割が重要であることに鑑み、企業がWLB施策を導入・運用する上での課題を整理し、必要な方策を検討することを目的とする。具体的には、1)企業のWLB施策導入にあたっての費用・便益構造の分析、2)WLB施策を展開する上で企業が直面する運用上の課題などの把握と対応策の検討、3)WLB施策が職場レベルで定着し、従業員の仕事と生活の調和が図れるような取組が進むための課題などの把握と対応策の検討、を行う。研究にあたっては、諸外国の制度、施策を参照しつつ、企業・職場を対象とするアンケート調査、ヒアリング調査を行い、実証的に現状を分析・評価した上で課題の抽出を行い、必要な提言に結びつけることとしたい。

活動期間: 2008年6月18日 〜 2011年3月31日

主要成果物

2010年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー

2009年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

出版物