グローバル・インテリジェンス・シリーズ

中国経済の中長期展望―公平性と効率性の両立を目指して

※このBBLセミナーは引用禁止です。

開催日 2021年3月24日
スピーカー 孟 健軍(RIETI客員研究員 / 清華大学公共管理学院産業発展・環境ガバナンス研究センター (CIDEG) シニアフェロー)
コメンテータ 関 志雄(RIETIコンサルティングフェロー / 株式会社野村資本市場研究所シニアフェロー)
モデレータ 佐分利 応貴(RIETI国際・広報ディレクター / 経済産業省大臣官房参事)
ダウンロード/関連リンク
開催案内/講演概要

中国では、2019年に1人当りGDPが1万ドルの大台を超えたのに続き、2020年に経済成長率が改革開放以来の最低水準の2.3%に落ち込みながらも、GDP総額は100兆元(約15兆ドル、約1600兆円)の大台に乗った。
2020年に、絶対貧困が消滅したことにより、中国の歴史で長年に亘り悩まされた社会の最も不安定な要因である農村貧困問題が取り除かれることになった。しかし、李克強総理が2020年の全人代閉会式で「中国には月収千元(約1万6000円)の人が6億人いる」と発言したように、相対格差の解消という公平性の問題は依然として深刻である。一方、中国政府は内外情勢の急激な変化に対応するために、経済の効率性を重視する「双循環」政策を軸に、『第14次5カ年計画(2021-2025)』と『2035年の中長期目標』を策定した。
今回のBBLでは、今年度の全人代議題を踏まえて、公平性と効率性の両立を目指す中国経済の将来像を展望する。