中村 良平

中村 良平顔写真

中村 良平 NAKAMURA Ryohei

ファカルティフェロー

岡山大学大学院社会文化科学研究科教授

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

都市経済学、地域経済学、公共政策

研究プロジェクト

学歴

1977年3月 京都大学工学部衛生工学科卒業
1979年3月 筑波大学大学院修士課程環境科学研究科修了
1984年3月 筑波大学大学院5年制博士課程社会工学研究科修了(学術博士)

職歴

1984年4月 近畿大学商経学部講師
1987年4月 近畿大学商経学部助教授
1988年4月 岡山大学経済学部助教授
1992年8月 カリフォルニア大学バークレィ校客員研究員(1993年12月まで)
1994年4月 岡山大学経済学部教授
2004年4月~2006年3月 岡山大学大学院文化科学研究科経営政策科学専攻長
2006年4月 岡山大学大学院社会文化科学研究科教授
2006年8月 グラスゴー大学Department of Urban Studies, Research Fellow

・学外公職
国土交通省中国地方整備局「中国圏広域地方計画学識者会議」委員(2006年~)
経済産業省「少子高齢化時代の地域活性化検討委員会」委員(2006年)
「倉敷市総合政策審議会」委員(2005年~2006年)
経済産業省「地域経済研究会」委員(2003年~2004年)
「島根県政策アドバイザー」(2005年~2007年)
 水産庁「漁港漁場整備に係わる有識者懇談会」委員(2005年~2006年)
「NPO法人 岡山まちづくり推進機構」理事(2003年~)
「広島市公共事業見直し委員会」委員(2003年~2005年)
「香川県行財政改革推進会議」副議長(2002年~)
「岡山市総合政策審議会経済部会」部会長(2000年~)

主な著作物

著書
『都市と地域の経済学』有斐閣ブックス(共著)、1996年

『いま都市が選ばれる:競争と連携の時代へ』山陽新聞社、1995年

『地域産業創生と創造的中小企業』大学教育出版(共著)、2004年

"Measuring Agglomeration" Chapter 16 in Handbook of Regional Growth and Development Theories, Edward Elgar, 2009.

『都市と地域の経済学 新版』有斐閣ブックス(共著)、2009年

『これで納得! 集落再生』ぎょうせい(共著)、2011年

『まちづくり構造改革:地域経済構造をデザインする』日本加除出版、2014年

『エネルギー転換をどう進めるか』岩波書店(共著)2015年

『現代公共政策のフロンティア』岡山大学出版会(共著)、2015年

『明日の地方創生を考える』東洋経済新報社(共著)2015年

論文 (2004年~)
「新規オフィス賃料インデックスの時系列決定要因分析」、日本不動産学会誌、第20巻3号、131-141、2007年2月(共著者:竹下俊彦)

「地域間格差をとらえる視点-効率性、人口移動、産業集積」、RPレビュー(Regional Policy Review)、4-12、Vol.21、 No.2、日本政策投資銀行地域政策研究センター、2007年3月

「地域経済循環と地域間取引の関係について」、地域政策調査、日本政策投資銀行地域政策研究センター、2006年9月

「新産業創出には地域経済循環の考えを」、経済産業ジャーナル、16-18、3月号、第419号、2006年3月

「資産運用物件の価格変化における期待形成の分析」、日本不動産学会誌、第18巻4号、71-81、2005年4月(共著者:竹下俊彦)

「地域経済の成長と安定-ポートフォリオの視点から-」、ESP、43-48、2005年4月(共著者:安藤浩一)

「地域経済の循環構造:序説」、岡山大学経済学会雑誌、第36巻4号、39-67、2005年3月

「公営住宅入居世帯の便益と消費選択の変化」、住宅土地経済、26-34、No.53、 2004年6月(共著者:森田学)

「公営住宅における居住者便益と消費の非効率性」、日本経済研究、19-37、No.50、2004年9月(共著者:森田学)

「地域経済の成長と安定-多様性との関連」、地域政策研究、Vol.13、日本政策投資銀行 地域政策研究センター、2004年7月(共著者:安藤浩一)

「岡山県の産業活力の発見と発展」、増刊岡山経済、2004年1月 

「中国地方にみる鉄道の明・暗とその課題」、運輸と経済、14-20、第64巻、第2号、2004年2月

「住宅補助と公営住宅の便益、効率性」、日本不動産学会誌、Vol.18, No.1, 9-15、2004年

「地方公共事業の評価システム」、季刊 中国経済、Vol.8-2、No.27、2004年6月

"Empirical Analysis of Agglomeration Economies in the Japanese Assembly-type Manufacturing Industry for 1985-200," Review of Urban and Regional Development Studies, Vol26, No.1, pp.55-77(共著), 2012

「木質バイオマスを活用したCO2削減と地域経済効果:地域産業連関モデルの構築と新たな適用」、地域学研究、42巻4号、799-817、2013年(共著)

「地域環境資源(木質バイオマス)の利活用による内生的地域間格差縮小の効果に関する研究」、産業連関、第20巻3号、228-242、2012年(共著)

「日本における地域ポテンシャルと雇用分布のシミュレーション分析」、地域学研究、第42巻2号、255-270、2012年10月(共著)

"Contributions of Local Agglomeration to Productivity: Stochastic Frontier Estimations from Japanese Manufacturing Firm Data," Papers in Regional Science, Vo.91, No.3, 569-597, 2012.

「地域産業集積と自地域市場効果:方法論による比較」、岡山大学経済学会雑誌、第44巻3号、1-22、2012年12月(共著:渡邉淳司)

「都市経済の自立と持続可能性を考える」、新都市、Vol.22、 No.8、 16-21、2010年8月