プログラム:法と経済

市場の質の法と経済学に関するエビデンスベースポリシー研究

プロジェクトリーダー/サブリーダー

古川 雄一顔写真

古川 雄一 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

市場の質理論によると、四半世紀を超す長期停滞から脱却し、健全な成長経路を築くには、市場の高質化と適切な市場インフラ(市場を取り巻くさまざまな要素)の形成が喫緊の課題となる。そのためには、経済に内在する諸問題に対して、目的に直接働きかけるのではなく、法律やガバナンス形成を通じたシステムデザインによって、迂回的、間接的に目的達成を図る必要がある。市場高質化をもたらすシステムをデザインするには、市場の質を正確に定量化し、市場の質と市場インフラの定量的関係を把握しなくてはならない。本研究では、高精度・高次元ビッグパネルデータを利用し、内生性を排除した市場インフラと市場の質の定量化を試みる。それにより得られたエビデンスをもとに、健全な発展成長を可能にする、法律、政策、制度などの市場インフラのデザインを解明し、最終的には、新たな法と経済学分野の開拓を模索する。

活動期間: 2018年3月12日 〜 2020年2月29日

主要成果物

2018年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー