日本語タイトル:ブロックチェーン・エコシステムを支える規制と制度設計

Blockchain Business and its Regulation

執筆者 矢野 誠 (RIETI)/Chris Dai (株式会社レシカ)/増田 健一 (アンダーソン・毛利・友常法律事務所)/岸本 吉生 (中小企業基盤整備機構)
発行日/NO. 2019年11月  19-P-030
研究プロジェクト 市場の質の法と経済学に関するエビデンスベースポリシー研究
ダウンロード/関連リンク

概要

ブロックチェーン技術の普及とともに、新しい分権型経済が生まれようとしている。トークンという金融手段が生まれ、イニシャルコインオファーリング(ICO)と呼ばれる資金調達方法が普及しつつある。多くの国々で、この新しい金融手段にどのように向き合うべきかという検討が進められている。アメリカでは、証券法の適用が主流となりつつあるのに対し、日本では、資金決済法や金融商品取引法による規制が進められてようとしている。本研究では、そうした国別の規制に踏み込むことなく、ブロックチェーン産業の資金調達に関する一般的な規制方法のあり方を詳しく検討する。

概要(英語)

As the blockchain industry is becoming larger, a new decentralized financial ecosystem is now developing. New financial devices, represented by terms like tokens, coins and ICOs are introduced to finance projects on blockchain. Many countries are now studying how to deal with this new financial ecosystem. The U.S. is now regulating it by the Securities Act whereas Japan is applying the Money Settlement Act and the Financial Instruments and Exchange Act. In this paper, without going into country-specific regulatory issues, we will investigate how the society may deal with the new decentralized financial ecosystem from the regulatory viewpoint.