日本語タイトル:新奇性追求傾向とイノベーション

Novelty-Seeking Traits and Innovation

執筆者 古川 雄一 (ファカルティフェロー)/Tat-kei LAI (IÉSEG School of Management)/佐藤 健治 (大阪府立大学)
発行日/NO. 2018年10月  18-E-073
研究プロジェクト 市場の質の法と経済学に関するエビデンスベースポリシー研究
ダウンロード/関連リンク

概要

人々の「新しさ=新奇性」を追い求める性質やそれに対する選好(いわゆる新奇性追求傾向)は、しばしば、経済全体のイノベーションや経済成長を促進すると考えられている。しかし、本稿の示すクロスカントリーデータを使った分析によれば、新奇性追求傾向とイノベーションの関係は負である可能性がある。この事実を理解するために、本稿は次の3つの特徴を持つ新たな経済成長モデルを構築した: (1) 人々の新奇性追求傾向は、代表的消費者の新しく発明された財へ選好として記述される、(2) イノベーションは新しい財の開発と既存の財の改善という2つのプロセスを通じて社会全体に定着する、および (3) 両プロセスとも企業の内生的な投資活動によって発生する。このようなモデルを使って、次の結果が示された。もし新奇性追求傾向がある閾値を超えるなら、均衡において、低開発の罠に陥り、経済はイノベーションを持続することができない。閾値を下回るなら、長期においてイノベーションが発生し続け、長期的な経済成長を達成することができる。この実証的なエビデンスと整合的な結果は、イノベーションを長期的にサポートするための制度、政策デザインにおける新奇性追求傾向の役割を示唆するものである。

概要(英語)

People's desire for novelty is often perceived to encourage innovation. However, our cross-country evidence suggests that the relationship can be negative. To explain this empirical finding, we develop a new R&D-based growth model which incorporates people's novelty-seeking traits. In our model, people's novelty-seeking traits are captured by their extra preference towards new goods; besides, innovation is achieved through new and existing product development as two separate processes of innovation, both requiring costly and time-consuming investment activities. We find that if the level of inherent novelty seeking is higher than some threshold level, then the economy is caught in an underdevelopment trap with less innovation; otherwise, it provides innovation perpetually and achieves long-run growth. Our model shows that the effects of higher levels of inherent novelty seeking on innovation and economic growth can be negative. Our result suggests an essential role of the public's preference for novelty in designing a more favorable economic institution and policy that support innovation and growth.

Forthcoming: Furukawa, Yuichi, Tat-Kei Lai, and Kenji Sato. "Novelty-seeking traits and applied research activities," Applied Economics Letters.