日本語タイトル:技術コンバージェンスプロセスにおける公的研究開発プログラムの役割:NSFの先端ゲノムシーケンスプログラムに関する研究

Government R&D spending as a driving force of technology convergence

執筆者 ZHU Chen(東京大学)/元橋 一之(ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2022年4月  22-E-030
研究プロジェクト イノベーションエコシステムの生成プロセスに関する研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文においては、異なる技術の融合やコンバージェンスを引き起こす要因として公的研究開発プログラムを取り上げて、コンバージェンスのプロセスについて実証分析を行った。NSFによるASTP(Advanced Sequencing Technology Program:ゲノムシーケンシングの低コスト化を目的とした公的研究開発プログラム)を事例として取り上げて、プログラムのPIとそのマッチングサンプルからなる研究者レベルの特許データを用いたDIDモデルにより、ASTP参加者(PI)はよりバイオインフォマティクス(ライフサイエンスと情報技術のコンバージェンス)に貢献していることを示した。また、このコンバージェンスの効果は、大学等学術界の研究者より、産業界の研究者の方が大きいことを示した。政府の研究開発プログラムはその直接的な経済的効果の観点から評価されることが多いが、技術コンバージェンスによる学術領域の広がりに作用し、それが間接的にイノベーションの促進につながる効用についても勘案することの重要性を示した。

概要(英語)

This paper investigates the impact of government R&D spending on promoting technology convergence. We test the hypotheses that a government funding program has a positive effect on technology convergence and the effects are heterogenous on different participants (i.e., academic, and industrial inventors). To investigate this, our empirical test applies the Advanced Sequencing Technology Program (ASTP) as one example. We develop a novel dataset by linking the ASTP grantee information with the PATSTAT patent database. Based on this, we create inventor-level characteristics to implement propensity score matching, selecting an appropriate control group of inventors who are comparable to those enrolled in the ASTP. We then employ DiD models to evaluate the impact of the program on the matched sample. The results confirm that the program is a driving force of technology convergence. The findings also indicate that the program is more influential to industry inventors than to their academic counterparts. Additionally, we conceptualize a ‘leverage effect’ of the program and show it can attract many external industrial inventors. The work contributes to better understanding the role of a government-funded program in encouraging convergence and providing implications for developing convergence-related R&D programs in the future.