日本語タイトル:政治指導者のシグナルを捉える:中国における経済政策不確実性と企業投資

Catching the Political Leader's Signals: Economic policy uncertainty and firm investment in China

執筆者 伊藤 亜聖(ファカルティフェロー)/林 載桓(青山学院大学)/張 紅詠(上席研究員)
発行日/NO. 2022年8月  22-E-081
研究プロジェクト グローバル・インテリジェンス・プロジェクト(国際秩序の変容と日本の中長期的競争力に関する研究)
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は2012年11月から2021年12月までの中国国家主席の演説・報告のテキストデータを用いて、独自の経済政策不確実性(EPU)指標である「習近平主席のEPU(XiEPU)」を構築した。XiEPUは、先行研究の代表的なEPUと中程度の相関があり、ピークが異なる。XiEPUは、中国の株価が急落した2016年4月と世界的なCOVID-19の流行を反映した2020年末にピークを迎える。企業レベルのパネルデータを用いると、XiEPUの値が高いほど四半期レベルでの投資率が低く、その効果は既存の中国EPUよりも大きく、かつ長続きすることがわかった。さらに、企業間、期間による不均質な効果も注目される。具体的には、製造業ではXiEPUの効果が強く、国有企業では効果が弱く、2017年11月以降の国家主席在任2期目では効果が強くなることがわかった。

概要(英語)

This study uses a text dataset of the Chinese President’s speeches and reports from November 2012 to December 2021 to construct an original economic policy uncertainty (EPU) index: President Xi Jinping’s EPU (XiEPU). XiEPU moderately correlates with a previous study’s representative EPU, showing notably different peaks. Our index spiked in April 2016 after a sharp decline in the Chinese stock market index and late 2020, reflecting the global COVID-19 pandemic. Using firm-level panel data, we find that a higher value of XiEPU is associated with a lower investment rate at the quarterly level and has a larger and longer-lasting effect than the existing China EPUs. Moreover, there are noteworthy heterogeneous effects among firms and periods. Specifically, we find a stronger effect of XiEPU on manufacturing sectors, a weaker effect on state-owned enterprises, and a stronger effect in the second term of Xi Jinping’s presidential tenure after November 2017.