日本語タイトル:日本におけるジェンダーステレオタイプ

Gender Stereotypes among Japanese Voters

執筆者 遠藤 勇哉 (東北大学)/尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2021年7月  21-E-061
研究プロジェクト 先端技術と民主主義:技術の進展と人間社会の共生を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

日本の有権者は、男性と女性の政治家に対して、それぞれどのようなステレオタイプを持っているだろうか?米国では有権者のジェンダー・ステレオタイプを明らかにした研究が数多く存在するが、日本の有権者が同様のステレオタイプを持っているかどうか、ほとんど分かっていない。そこで、2020年3月に日本の有権者約3,000人を対象に、ジェンダー・ステレオタイプに関して米国で行われた研究と同様の設問と設問形式を用いたサーベイを実施した。その結果、政策分野や個人的特徴に関して、有権者が男女の政治家に対して抱くステレオタイプは、米国と同様であることが明らかになった。また、政治家に対するジェンダー・ステレオタイプは、男性だけでなく女性の有権者にも強く共有されており、年齢や支持政党によっても異なることが判明した。もし、ジェンダー・ステレオタイプが有権者の意思決定に何らかの影響を与えているとすれば、候補者や政治家は、選挙での支持を最大化するために、ターゲットとなる有権者のステレオタイプに沿って行動していることが考えられる。

概要(英語)

What stereotypes do Japanese voters have regarding men and women politicians? Women are extremely underrepresented in Japanese politics, and one possible reason for the underrepresentation is that voters have gender-based stereotypes that put women candidates at a disadvantage. Numerous studies have revealed the gender stereotypes of voters in the United States, but little is known whether Japanese voters have similar stereotypes as those found in the United Sates. In order to clarify gender stereotypes in the context of Japanese politics, we conducted a survey of approximately 3,000 Japanese voters in March 2020, employing the same questions and question format as used in a study conducted in the United States. Our results revealed similar stereotypes for men and women politicians regarding policy areas of expertise and salient personal characteristics as those found in the United States. We also found that gender stereotypes were shared among women voters as well as men voters, and that they varied by age and party support. These results are important because if gender stereotypes have any influence on voter decisions, then candidates and politicians may try to achieve the best results by acting in line with the stereotypes of their target constituencies to maximize their electoral support.