日本語タイトル:新興市場におけるIPO企業の市場変更―東京証券取引所を対象とした実証分析―

Graduation of Initial Public Offering Firms from Junior Stock Markets: Evidence from the Tokyo Stock Exchange

執筆者 本庄 裕司 (ファカルティフェロー)/栗原 仰基 (中央大学)
発行日/NO. 2021年6月  21-E-049
研究プロジェクト アントレプレヌール・エコシステムの形成
ダウンロード/関連リンク

概要

新規株式公開、すなわちIPO (initial public offering) は、若いイノベーティブな企業にとって、研究開発投資の資金を確保するために重要と考えられている。本稿では、東京証券取引所(以下、「東証」)の2つのベンチャー向け新興市場、「マザーズ」と「ジャスダック」を対象に、株式を公開した企業(以下、「IPO企業」)のIPO後の行動とパフォーマンスを分析する。1999年11月から2019年12月までに、これらの2つの市場に株式を公開した非金融企業943社を対象に分析した結果、全体の10%以上が株式非公開となり市場から退出する一方で、全体の約40%が本則市場(東証1部・2部)に市場変更している。また、IPO企業は、株式市場へのアクセスを通じて財務キャッシュフローを増加している。本稿では、生存分析を応用して、IPO企業の本則市場への市場変更の決定要因を検証する。推定結果から、若くして株式を公開した企業や高い研究開発集約度をもつ企業は、これらの新興市場から本則市場へ市場変更する傾向はみられていない。また、高い時価総額をもつ企業は、本則市場に市場変更することを示した、本稿の検証結果の1つとして、10年ルールの公表前に上場した企業のサンプルを用いて推定した場合、10年以内に本則市場への市場変更を求めた「10年ルール」を導入したマザーズにおいて本則市場への市場変更の増加傾向がみられている。さらに、新興市場から本則市場へ市場変更した企業の株価パフォーマンスについて、全体的に高い傾向がみられている。

概要(英語)

For young and innovative firms, an initial public offering (IPO) is crucial for securing financing for research and development (R&D) investment. This study explores the post-IPO behavior and performance of firms listed on the two junior stock markets of the Tokyo Stock Exchange (TSE): Market of High-Growth and Emerging Stocks (MOTHERS) and JASDAQ. Using a sample of 943 non-financial firms listed on these markets from November 1999 to December 2019, we find that approximately 40% of IPO firms graduate to the TSE main markets, while more than 10% of IPO firms delist from the TSE junior markets. The results reveal that firms listed on the TSE junior markets increase financing cash flow by accessing public equity markets. Moreover, using a survival analysis approach, we examine the factors associated with the time to graduation to the TSE main markets. As a result, we find that young IPO firms and those with high R&D intensity are less likely to graduate from the TSE junior markets. In addition, firms with higher market capitalization are more likely to graduate to the TSE main markets. The results also reveal that listing regulations on graduation to the TSE main markets within 10 years, which were introduced only to MOTHERS, accelerate the graduation of IPO firms when the sample is restricted to firms listed before the announcement of the 10-year rule. Furthermore, we provide evidence that IPO firms that ultimately graduate to the TSE main markets show better post-IPO performance.