日本語タイトル:日本における自発的および要請ベースのロックダウンの感染および経済的影響

Epidemic and Economic Consequences of Voluntary and Request-based Lockdowns in Japan

執筆者 細野 薫 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2021年2月  21-E-009
研究プロジェクト コロナ危機後の資本蓄積と生産性向上
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文では、日本における新型コロナウイルス感染期における2つのタイプのロックダウンに着目する。第一のタイプは自発的ロックダウンであり、人々が感染リスクの高まりに応じて自発的にステイホームを行う傾向を示す。第二のタイプは、法的拘束力を伴わない、政府によるステイホームの要請である。本論文では、実証分析をもとに、これら2つのタイプのロックダウンを感染症・マクロ経済(SIR-Macro)モデルに導入する。日本のデータをもとにモデルをカリブレートし、数値実験を行った結果、2つのロックダウンの相互作用が、日本における比較的低い感染者割合と比較的大きな消費の減少率を説明するうえで重要な役割を果たしていることが明らかになった。さらに、自発的ロックダウンが存在する下では、要請ベースのロックダウンの経済厚生上の効果は未感染者の間で大きく異なり、厚生損失を被る未感染者が存在する可能性もあることが示された。

概要(英語)

I examine the epidemiological and economic effects of two types of lockdowns during the COVID-19 pandemic in Japan: a voluntary lockdown by which people voluntarily stay at home in response to the risk of infection, and a request-based lockdown by which the government requests that people stay at home without legal enforcements. I use empirical evidence on these two types of lockdowns to extend an epidemiological and economic model: the SIR-Macro model. I calibrate this extended model to Japanese data and conduct some numerical experiments. The results show that the interaction of these two types of lockdowns plays an important role in the low share of infectious individuals and the large decrease in consumption in Japan. Moreover, the welfare gains of a request-based lockdown greatly differ across individuals and can be negative for some when a voluntary lockdown exists.

Forthcoming: Hosono, Kaoru. "Epidemic and economic consequences of voluntary and request-based lockdowns in Japan," Journal of the Japanese and International Economies.