日本語タイトル:二重労働市場と「フィリップス曲線の謎」

Dual Labor Market and the "Phillips Curve Puzzle"

執筆者 青山 秀明 (ファカルティフェロー)/Corrado DI GUILMI (University of Technology Sydney)/藤原 義久 (兵庫県立大学)/吉川 洋 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2021年1月  21-E-006
研究プロジェクト COVID-19禍のもとのマクロ経済:その実証的分析と復興への道程
ダウンロード/関連リンク

概要

かつて、低インフレは政策立案者と一般大衆にとって歓迎すべきものだった。しかし、1990年代の日本の経験により、世界の経済学者と中央銀行の見方は変わった。デフレとゼロ金利に直面し、日銀は有効な金融政策を打ち出せず、日本の低迷は異常に長引いた。現在、中央銀行を悩ませている低すぎるインフレは「フィリップス曲線の謎」と呼ばれている。米国と日本では2008年の世界金融危機からの復興において、失業率は通常自然であると考えられる(NAIRU)より低い水準となっているにもかかわらず、インフレは低いままであった。本論文では、労働市場の「最小モデル」を考察する。本質的な仮定は労働市場の二重性である。モデルにおいて、経済のどのような変化がフィリップス曲線を平坦化するかを調べる。労働組合の交渉力、非正規労働市場の労働の賃金に対する弾力性などがフィリップス曲線の平坦化の鍵となることを明らかにする。実際にこのような変化が経済において生じており、それがフィリップス曲線の平坦化をもたらした。

概要(英語)

Low inflation was once a welcome to both policy makers and the public. However, Japan's experience during the 1990's changed the consensus view on price held by economists and central banks around the world. Facing deflation and the zero-interest-rate bound at the same time, BOJ had difficulty in conducting effective monetary policy. It unusually prolonged Japan's stagnation. The excessively low inflation which annoys central banks today is translated into the "Phillips curve puzzle." In the US and Japan, in the course of recovery from the Great Recession after the 2008 global financial crisis, the unemployment rate had steadily declined to the level which was commonly regarded as lower than the natural rate or NAIRU; and yet, inflation stayed low. In this paper, we consider a minimal model of labor market. The essential assumption is that the labor market is dual. In this model, we explore what kinds of changes in the economy flatten the Phillips curve. The level of bargaining power of workers, the elasticity of the supply of labor to wages in the secondary market and the composition of the workforce are the main factors in explaining the flattening of the Phillips curve. We argue that the changes we consider in the model, in fact, have plausibly flattened the Phillips curve in recent years.