日本語タイトル:人々は異文化を受容するか?

Do People Accept Different Cultures?

執筆者 中川 万理子 (東京大学)/佐藤 泰裕 (東京大学)/田渕 隆俊 (ファカルティフェロー)/山本 和博 (大阪大学)
発行日/NO. 2020年12月  20-E-090
研究プロジェクト 都市・地域の経済活動に関する一連の空間経済分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、マイノリティである移民とマジョリティである国民のエスニックな選好のモデルを提示する。モデルの理論分析により、以下の結果が得られた。マイノリティの数が増えるとともに、また異なる文化を受容するコストが下がるとともに、マイノリティは異なる文化を受容する傾向にあるが、マジョリティは最初は異なる文化を受容するが、後にそれを拒否する傾向にある。このことは、東京の国籍別自治体別の外国人居住者数の時系列データを実証分析することによって示した。また、エスニックな財を生産するマイノリティ企業の数は、単調に増加しているか、最初に増加し後に減少するという逆U字型であることを明らかにした。さらに、東京の国籍別自治体別のレストラン数と居住者数に関する横断面データを分析することによっても示した。

概要(英語)

We present a model of the ethnic preferences of a minority group of immigrants and a majority group of natives for different cultures. We show that ethnic preferences change when there is an increase in minority populations or when the cost of accepting different culture decreases. First, minorities tend to accept different cultures, whereas the majority population tend to accept a different culture initially but reject it later. This is empirically supported by time series data on the number of foreign residents by nationality and municipality in Tokyo. Second, the number of firms producing minority-specific goods monotonically increases or shows an inverted U-shape. This is also empirically supported by cross-sectional data on the numbers of restaurants and residents by nationality and municipality in Tokyo.