日本語タイトル:どのような日本企業が中国から撤退するのか?ミクロデータによる分析

Moving Out of China? Evidence from Japanese Multinational Firms

執筆者 Changyuan LUO (復旦大学)/Chunxiao SI (復旦大学)/張 紅詠 (上席研究員)
発行日/NO. 2020年10月  20-E-077
研究プロジェクト 海外市場の不確実性と構造変化が日本企業に与える影響に関する研究
ダウンロード/関連リンク
備考

初版:2020年10月
改訂版:2022年3月

概要

中国依存からの脱却と外資の撤退について、政策的にも学術的にも関心が高まっているが、企業レベルのミクロデータに基づくエビデンスが非常に少ない。本研究では、1995~2016年日本の多国籍企業の調査票情報(経済産業省「海外事業活動基本調査」)を用いて、中国現地法人の撤退を規定する諸要因を分析する。撤退とは、「解散、撤退・移転」及び「出資比率の低下(日本側出資比率が0%超10%未満となった)」をいう。サバイバル分析の結果によれば、(1)現地法人の規模が大きいほど、利益率・生産性・日本への輸出比率が高いほど、撤退する確率が低い。親会社の規模が大きいほど、在中投資の経験が長いほど、撤退する傾向があるが、親会社と現地法人が同じ産業に属する場合、撤退する確率は低くなる。また、参入閾値の高い産業ほど撤退する確率が低いが、市場競争度の高い産業ほど撤退する傾向がある。(2)撤退モードの違いを見ると、現地法人の規模と利益率が「解散、撤退・移転」に大きく影響するのに対し、生産性と日本への輸出比率が「出資比率の低下」の重要な決定要因である。(3)親会社が大企業の場合、現地法人の事業活動を中国国内で調整したり、製造業からサービス業へ転換したりする傾向がある。最後に、尖閣諸島をめぐる紛争と最低賃金の引上げといった外生的なショックが中国現地法人の撤退確率を有意に高めたことが明らかになった。

概要(英語)

This study examines the firm-level and macroeconomic factors affecting foreign divestment in China. It employs a unique dataset of Japanese multinational enterprises (MNEs) from 1995 to 2016. Based on survival analysis, we find that affiliate size, profitability, labor productivity, and export proportion to Japan are negatively associated with MNEs' divestment probability. Moreover, the probability of divestment increases with the size of the parent firm and its experience in the Chinese market but decreases with business relatedness between affiliate and parent firms, industrial minimum effective scale, and market concentration. We further examine the determinants of different divestment modes, and post-divestment investment adjustment across regions and industries. Finally, we find that the Senkaku/Diaoyu Islands conflict and an increase in the minimum wage significantly raise the probability of Japanese divestment.

Forthcoming: Luo, Changyuan, Chunxiao Si, and Hongyong Zhang. "Moving out of China? Evidence from Japanese multinational firms," Economic Modelling.