日本語タイトル:日本における日本人と移民の高校進学格差

The Disparity in High School Enrollment between Native and Immigrant Children in Japan

執筆者 萩原 里紗 (明海大学)/劉 洋 (研究員)
発行日/NO. 2020年3月  20-E-016
研究プロジェクト 日本在住の外国人の就労、移住と家庭に関する実証研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、総務省の「平成22年国勢調査」と非線形モデルに応用した要因分解を用いて、日本人を親に持つ子どもと外国人を親に持つ子どもの高校進学状況について明らかにする。分析の結果、高校在学年齢において、外国人を親に持つ子どもは日本人を親に持つ子どもよりも高校に進学していないことがわかった。特に、両親が外国人の子どもより片親が外国人の子どものほうが、両親が日本人の子どもと比べて高校に進学している確率は低い。格差を広げる要因には、日本での滞在期間の長さ、両親が漢字圏出身かどうか、両親の就業形態、そして住宅保有状況が挙げられる。このうち、両親が漢字圏出身かどうかは、格差の約70%を占めていることを確認した。分析で使用した変数で説明できる格差の大きさについてみると、両親が日本人の子どもと両親が外国人の子どもとの比較においては約90%であり、格差の要因が家庭環境や経済状況であることを特定した。格差を説明する上で最も重要な要因は、両親が漢字圏出身かどうかであり、言語の類似性が子どもの進路に大きな影響を及ぼすことが明らかとなった。また、高校に進学しなかった子どものうち、外国人を親に持つ子どもは、両親が日本人の子どもと比べて、失業しやすいこともわかった。

概要(英語)

This study examines the assimilation of immigrant children in Japan in terms of high school enrollment using the 2010 Population Census from the Ministry of Internal Affairs and Communications (MIC). Immigrant children are defined as children who have at least one foreign-born parent in this study. We examine the gap between native and immigrant children with similar characteristics using nonlinear decomposition. We find that the average school attendance probability of immigrant children is significantly lower than that of native children. Immigrant children with one parent who is a foreigner show a large difference. Factors that enlarge the gap are shorter length of stay in Japan, parents' lack of use of Chinese characters in their country of birth, parents' lower level of regular employment status, and lack of home ownership. The most important factor above in explaining the gap is parental background in terms of use of Chinese characters. The total explained part of all observable factors is about 90% in the comparison between native and immigrant children whose parents are both foreigners. Furthermore, immigrant children who have not attended high school are more likely to be unemployed.