日本語タイトル:輸出展示会は効果的か?

Do Trade Fairs Promote Export?

執筆者 牧岡 亮 (研究員)
発行日/NO. 2020年1月  20-E-007
研究プロジェクト 総合的EBPM研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、貿易展示会に参加することによる企業の輸出パフォーマンス並びに対外直接投資、サービスアウトソーシングに対する影響を、日本の企業データと展示会に参加した企業リストを用いて分析した。その際、企業による展示会出展への自己選択の問題に対処するため、マッチングDID法と固定効果推定法を用いて分析を行った。分析結果によれば、輸出展示会への参加は、企業の輸出ステータスに正の影響を及ぼすことがわかった。それに加え、その正の輸出に対する効果は、欧州や米国などの地理的・文化的に遠い国の展示会に参加することから主に来ており、アジア諸国や中国等の近い市場からではないことがわかった。さらに輸出展示会に参加した企業は、市場調査業務をアウトソースする傾向にあることもわかった。

概要(英語)

The paper analyzes the effects of attending trade fairs on exports, foreign direct investments (FDI), and service outsourcing, using Japanese firm-level data on both performances and trade-fair participation. To solve self-selection problem, I utilize a difference-in-differences matching estimation approach with unique firm characteristics, as well as a linear estimation approach with paired fixed-effects. The results show that there are positive effects of attending trade-fairs on exporting status. Additionally, the positive results are mainly associated with attending trade fairs in geographically and culturally farther markets such as Europe or the U.S., but not from attending the nearest markets, such as Asian countries or China. Furthermore, attending a trade fair induces firms to outsource their market research activity.