日本語タイトル:マークアップ、都市規模と輸出:日本からの証拠

Markups, City Size, and Exports: Evidence from Japan

執筆者 近藤 恵介 (研究員)
発行日/NO. 2018年3月  18-E-017
研究プロジェクト RIETIデータ整備・活用
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、日本の製造業事業所ごとのマークアップを推計し、都市間と都市内のマークアップの変動要因を分析する。近年のマークアップを内生化した独占的競争に基づく理論研究によると、中小都市と比較して大都市ほど企業間競争の激化によりマークアップが平均的に低いことが示唆されている。また、各都市内を見ると、生産性が高く規模が大きな企業ほど、費用節約的な生産技術や高品質の財を生産することを通じ、より高いマークアップを課すことが指摘されている。本研究における実証分析は、上記の理論的予測と整合的な結果を提供している。重要な発見は、生産性が高く規模が大きい事業所が大都市に立地する傾向があるとき、全体のマークアップ変動は事業所要因と地域要因によって互いに部分的に相殺されるという点である。さらに、輸出のマークアッププレミアムに関して、輸出自体は世界的に厳しい競争環境にさらされることから、マークアップの引き下げ圧力となることを本研究で発見している。つまり、そのような競争環境に耐えうる生産性が高く規模が大きい事業所が輸出をしていることが、輸出のマークアッププレミアムの背後の要因であると示唆される。

概要(英語)

The present study deals with variations in markups between and within cities in the Japanese manufacturing sector using the markups estimated at the establishment level. Recent models on monopolistic competition with endogenous price-cost markups show that markups in larger cities are lower since competition is tougher in larger cities. With respect to the within-city variation in markup, firms producing differentiated products at lower costs charge higher markups. This empirical study supports these theoretical predictions. The findings suggest that markups are partly balanced between establishment and regional factors when highly productive, large establishments are located in large cities. Furthermore, this study finds that exporting establishments face global competition in export markets, similar to large domestic markets. Therefore, highly productive, large establishments can export their products by charging high markups.