日本語タイトル:知識の新陳代謝活性化と都市におけるイノベーションの質:日本の特許データベースからの証拠

Fresh Brain Power and Quality of Innovation in Cities: Evidence from the Japanese patent database

執筆者 浜口 伸明 (ファカルティフェロー)/近藤 恵介 (研究員)
発行日/NO. 2015年9月  15-E-108
研究プロジェクト 地域経済の復興と成長の戦略に関する研究
ダウンロード/関連リンク
備考

2016年10月改訂
2016年12月改訂

概要

本研究では、日本の特許データベースを用いて知識の新陳代謝活性化がイノベーションの質を引き上げるのかどうかを検証する。一般的に、集積の経済は活発なface-to-faceコミュニケーションを通して新たな知識創造を促進すると考えられているが、一方で、共有知識の肥大化によって質の高いイノベーション活動は阻害される可能性もある。以上の議論を踏まえ、大卒者の地域間移動を分析することで都市間の知識労働者の入れ替え効果を新陳代謝の効果として検証する。分析の結果、大卒者の活発な入れ替えが起こっている都市ほど、特許の被引用数で計測されるイノベーションの質はより高い傾向にあることがわかっている。より重要な点は、集積地における新陳代謝活性化がより質の高いイノベーション活動において重要な役割を果たしているということである。

概要(英語)

This paper analyzes whether freshness of knowledge increases the quality of innovation by using the Japanese patent database. Agglomeration is generally believed to foster the creation of new knowledge through knowledge spillover, such as active face-to-face communication; however, expansion of common knowledge within research communities may discourage high-quality innovation. Taking this into consideration, we attempt to examine the turnover effects of knowledge workers across cities by looking at the interregional migration of university graduates. We find that the quality of innovation as measured by the number of patent citations tends to be higher in cities with bigger migration flows of university graduates. More importantly, we find that metabolizing agglomeration plays an important role for high-quality innovative activities.