日本語タイトル:独占契約か複数契約か:技術市場における技術提供先数に関する実証分析

Get Pennies from Many or a Dollar from One? Multiple contracting in markets for technology

執筆者 党 建偉  (東京大学) /元橋 一之  (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2014年1月  14-E-006
研究プロジェクト 日本型オープンイノベーションに関する実証研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文は、RIETI新商品開発に関するアンケート調査のデータを用いて、オープンイノベーションの形態が、知的財産の有無や企業規模によってどのように異なるか分析を行ったものである。複数企業間で行われる技術取引は、特許やノウハウなどのライセンス契約によるものだけでなく、新しい部品や材料の提供や技術コンサルティングなどによって行われることがある。また、企業規模によって、技術取引におけるバーゲニング力や補完的資産(製造設備やマーケティング能力)が違うため、技術取引の形態が異なることが考えられる。ここでは、契約の相手先数(単独取引か複数取引か)に着目して、実証分析を行った。まず、知財取引によって行われる技術の場合は、より少ない取引相手先に提供される場合が多く、製品・サービスに体化された技術取引は、より一般的な技術として多くの相手に提供されることが分かった。また、企業規模と技術提供先数の関係について分析を行った結果、中小企業においては一般的な技術として多くの提供先を求める一方、大企業においては少数の提供先と取引を行うことが多い。更に、一般的にライセンス収入と提供先数には正の相関関係が見られるが、大企業においては少数の取引先から多くの収入を上げている一方で、中小企業においてはなるべく多くの企業と取引をすることでライセンス収入を大きくする傾向が見られた。中小企業においては、技術市場の不完全性の影響を強く受けていることから、製品・サービスの技術を体化させて、なるべく多くの収入を得ようとする動きをとっていると考えられる。



概要(英語)

Using survey data of licensing activities of Japanese firms, this paper studies the interaction between patenting and multiple contracting and their effects on license revenues for large and small licensors. We find that small firms are more likely to license their technologies to multiple licensees and receive more revenue from multiple contracting, confirming a theory that multiple contracting makes small firms less vulnerable in forming profit-sharing alliances with downstream technology users. We also find that patented technologies are less likely to be licensed to multiple licensees. However, patenting itself has no significant effect on increasing license revenues. We provide implication for small firms which want to appropriate from licensing out their technology: it is more difficult to get one dollar from one licensee than it is to accrue pennies from many to make a fortune, even under patent protection. Our result suggests a necessity in providing platforms for active interactions between small innovators and downstream technology users.