日本語タイトル:1985-2000年間の我が国製造業の組み立て型産業における集積の経済に関する実証分析:トランスログ生産関数を用いて

Empirical Analysis of Agglomeration Economies in Japanese Assembly-type Manufacturing Industry for 1985-2000: Using a flexible translog production function

執筆者 徳永 澄憲  (筑波大学) /影山 将洋  (常陽銀行) /阿久根 優子  (麗澤大学) /中村 良平  (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2012年12月  12-E-082
研究プロジェクト 持続可能な地域づくり:新たな産業集積と機能の分担
ダウンロード/関連リンク

概要

本論文の目的は、プラザ合意の1985年から2000年までの5年おきの我が国造業のデータを用いて、我が国製造業の組み立て型産業において規模の経済と集積の経済が存在するのかを、フレキシブルなトランスログ生産関数を用いて実証的に分析することである。既存の集積の経済に関する研究では、集積の経済を「地域特化の経済」と「都市化の経済」の指標を用いて分析する論文が多いが、本論文では、地理的集中度と産業集中度を考慮したエリソン=グレイサーの雇用ベースの集積・共集積指数を用いて、組み立て型産業において規模の経済と集積の経済が存在するのか、もし存在するならば、それはどの程度なのかを計測した。これらの集積の指標を用いたフレキシブルなトランスログ生産関数による計測結果から、我が国製造業の組み立て型産業において弱い規模の経済と集積の経済が存在することが明らかになった。

概要(英語)

For Japan's assembly-type manufacturing industry which is composed of general machinery, electrical machinery, equipment and suppliers, and transportation equipment for 1985-2000, we estimate flexible translog production function based on Kim (1992) and Tokunaga and Kageyama (2008) using four-digit standard industrial classification (SIC) industry panel data and Ellison and Glaeser's (1997) agglomeration and co-agglomeration indices (with different industry groups) panel data, and obtain theoretically appropriate and significant results without the homotheticity restriction. From these results, we find evidence of positive and weak agglomeration economies on production in Japanese assembly-type manufacturing industry for 1985-2000.

Published: Suminori Tokunaga, Masahiro Kageyama, Yuko Akune, Ryohei Nakamura, 2014. "Empirical Analysisi of Agglomeration Economies in the Japanese Assembly‐type Manufacturing Industry for 1985–2000: using Agglomeration and Coagglomeration Indices," Review of Urban & Regional Development Studies, Vol. 26(1), pp. 57-79.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/rurd.12019/abstract