プログラム:イノベーション

日本型オープンイノベーションに関する実証研究

プロジェクトリーダー/サブリーダー

元橋 一之 顔写真

元橋 一之 (ファカルティフェロー)

リーダー

プロジェクト概要

日本のイノベーションシステムは大企業中心の自前主義が特徴といわれてきたが、技術革新の進展やグローバル競争の激化などに伴って、外部連携をとりいれたオープンイノベーションの重要性が高まっている。ここでは、オープンイノベーションに対する取り組みが進んでいるといわれている米国企業との比較を行いながら、日本企業の実態と今後の課題について明らかにし、ネットワーク型のイノベーションシステムへの変革を促進するための政策的インプリケーションを取りまとめる。具体的には、企業レベルアンケート調査に基づく実証分析、日米における起業活動データを用いたベンチャー環境に関する分析、ビッグデータを用いたオープンイノベーションの事例研究やアンケート調査を行う。日本のイノベーションシステムは、関係特殊的なネットワークが特徴といえ、米国の市場メカニズムを通じたよりダイナミックな連携活動とは異なるが、日本型システムに即したオープンイノベーションのあり方について検討することを目標とする。

活動期間: 2015年4月 1日 〜 2017年3月31日

主要成果物

2017年度の成果

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー

2016年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー

2015年度の成果

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー