プログラム:地域経済

コンパクトシティに関する実証研究

プロジェクトリーダー/サブリーダー

近藤 恵介顔写真

近藤 恵介 (研究員)

リーダー

プロジェクト概要

日本経済は急速に進む少子高齢化に加え、人口減少という新たな局面を迎えている。人口減少社会においては、いかに効率的な財政運営を行いながら、高い経済成長を成し遂げるのかが重要な課題であり、コンパクトシティ政策の必要性が議論されている。日本では、これまで都市のコンパクト化を意図した中心市街地活性化政策が行われてきており、包括的な政策評価の必要性が求められている。本研究プロジェクトでは、これまで行われてきた中心市街地活性化政策などのコンパクトシティに関連する課題について定量的評価を家計・企業の個票データを用いて行い、より効果的な政策立案に寄与することを目指す。

活動期間: 2017年9月19日 〜 2019年8月31日

主要成果物

2019年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー