政策研究領域(基盤政策研究領域) I. 少子高齢化社会における経済活力の維持

社会保障問題の包括的解決をめざして:高齢化の新しい経済学

プロジェクトリーダー/サブリーダー

市村 英彦 顔写真

市村 英彦 (ファカルティフェロー)

リーダー

清水谷 諭 顔写真

清水谷 諭 (コンサルティングフェロー)

サブリーダー

プロジェクト概要

2006年度~2010年度

世界的に例を見ない高齢化のスピードを経験する中で、高齢者の生活の質を落とすことなく、持続的な社会保障システムを構築することが不可欠である。このプロジェクトでは、これまでの医療・介護・年金ごとの分野別アプローチやマクロモデルを使ったシミュレーション分析の限界を超え、高齢者の多様性を前提にしたミクロ的かつ包括的な市場指向型の「新しい」アプローチを実現する。既に実施したパイロット調査や同様の高齢者調査(HRS/ELSA/SHARE)の知的支援も十分に踏まえ、「世界標準」の中高年者パネル調査を行う。健康状態、経済状況、家族関係、就業状況、社会参加といった多面的かつ国際的に比較可能なデータ収集を行い、豊富なミクロデータを踏まえた“Evidence-based Policy Making”を日本の社会保障政策分野で確立するとともに、日本の経験を踏まえて諸外国の政策立案にも貢献する。

活動期間: 〜 2011年6月30日

主要成果物

2011年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2010年度の成果

RIETIポリシー・ディスカッション・ペーパー

2009年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

2006年度の成果

RIETIディスカッション・ペーパー

国際ワークショップ

  • 2006年9月19日、2006年8月4日~5日
    "Conference on Japanese version of HRS/ELSA/SHARE"