特別コラム:東日本大震災ー経済復興に向けた課題と政策

震災は国際貿易にいかなる影響を与えるか:投稿意見

田中 鮎夢
研究員

震災の影響を克服する新たな産業戦略の提言を期待

匿名希望

筆者の分かりやすい解説によって、日本の貿易構造、産業構造が、今回の震災によって大きく変化せざるを得ないことが良く理解できた。被災した部品供給企業が立ち直っても、取引先は既に他企業から調達するか製造方法を変更しており、仕事は戻らないことが想定でき、被災企業の真の復興は、新市場への展開を意味しているといえる。また、海外メーカーのみならず国内メーカーにおいても、リスク分散等のために、従来の部品調達体制を見直し、被災しなかった部品供給企業においても、受注量や受注内容が大きく変化することが想定できる。すなわち、グローバルに部品の生産・供給体制が変化していくということである。このような状況下、日本の製造業が存続し続けるためには、筆者の指摘の通り、研究開発により優位性を有する製品(部品を含む)を製造し続けるしかない。そこで、高度な科学技術に基づき、市場競争力を有する新製品の研究開発活動を更に活性化するための新たな産業戦略の提言を期待したい。

コラムを読む

この著者の記事