殷 婷

殷 婷顔写真

殷 婷 YIN Ting

研究員

大阪大学社会経済研究所 招へい研究員
武蔵大学経済学部 非常勤講師

RIETIでの活動

研究分野 主な関心領域

マクロ経済、家計経済、中国経済、労働経済

研究プロジェクト

学歴

2004年 中国上海対外経済貿易大学外国語学部ビジネス日本語学科卒業
2009年 大阪大学経済学研究科博士前期課程修了
2012年 同博士後期課程修了
2012年 同経済学博士号(D.Phil.)取得

職歴

2004年7月 - 2005年8月 日本貿易振興機構(JETRO)上海センター 部長補佐
2011年4月 - 2013年3月 日本学術振興会特別研究員 研究従事機関:大阪大学社会経済研究所
2012年4月 - 2013年3月 帝塚山大学経済学部非常勤講師 
2013年4月 - 現在 経済産業研究所研究員
2013年5月 - 現在 大阪大学社会経済研究所招へい研究員
2014年4月 - 2015年3月 明治学院大学経済学部非常勤講師
2019年4月 - 現在 武蔵大学経済学部非常勤講師

主な著作物

  • "Widow Discrimination and Family Care-Giving in India: Evidence from Micro Data Collected From Six Major Cities," (with Yoshihiko Kadoya), Journal of Women & Aging, Volume 27, Issue 1, Spring, 2015.
  • "Who will care for older people in China? Exploring the implications of gender imbalance at birth" (with Yoshihiko Kadoya), Working with Older People, Issue 18, 2014.
  • "Gender Imbalance at Birth and Parents' Anxiety about Old Age in China," (with Yoshihiko Kadoya), ISER Discussion Paper No.855, 2012
  • "The 'Will' to Save in China: The Impact of Bequest Motives on the Saving Behavior of Older Households," The Japanese Economy, Fall Issue (2012) pp.99-135
  • 「中国における高齢者の遺産動機と貯蓄行動」『季刊個人金融』2012年夏号 pp.60-70
  • "Bequest Motives and Retirement Behavior in China," submit to China Economic Review
  • "Parent-Child Co-residence and Bequest Motives in China," China Economic Review 21(2010), pp. 521-531
  • "Household Savings Rates and Social Benefit Ratios: Country Comparisons," (with Charles Yuji Horioka) in Masahiro Kawai and Gloria O. Pasadilla, eds., Effects of Social Policy on Domestic Demand: Annual Conference 2009 (Tokyo, Japan: Asian Development Bank Institute (ADBI), November 2010), pp. 63-75

その他

2010年4月 ‐ 2011年3月 財団法人サントリー文化財団の「中国人若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成」を受領
2013年4月 - 2015年3月 日本学術振興会 外国人特別研究員(就職のため、辞退)