日本語タイトル:日本におけるクレジットデフォルトスワップと炭素排出量

Credit Default Swaps and Corporate Carbon Emissions in Japan

執筆者 沖本 竜義(リサーチアソシエイト)/鷹岡 澄子(成蹊大学)
発行日/NO. 2022年10月  22-E-098
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿の目的は、炭素排出量と日本企業の信用リスクの関係を分析することである。分析の結果、企業の収入は、炭素排出量の最も重要な決定要因の1つであるが、投資家からの圧力が炭素排出量を有意に低下させ、その効果は投資適格企業ほど大きいことが明らかとなった。また、炭素排出量は企業のクレジットデフォルトスワップ(CDS)スプレッドに対して、時変的な効果を持つことが示唆され、セクターや格付けにかかわらず、投資家意識が高くなるにつれて炭素排出量がCDSスプレッドを上昇させる効果が大きくなるという投資家意識仮説と整合的な結果となった。また、セクター別の結果からは、脱炭素が比較的容易で、費用が小さいと考えられるセクターにおいて、炭素排出量がCDS価格により大きなインパクトを持つことが示された。さらに、炭素排出量がCDSスプレッドカーブに与える影響を調べたところ、炭素排出量は短期・長期にかかわらず、CDSスプレッドを上昇させるが、CDSスプレッドカーブの傾きをより大きくする傾向にあることが明らかとなった。

概要(英語)

We examine the relationship between carbon emissions and the market perception of firms' default risk measured by corporate credit default swap (CDS) spreads in Japan. While corporate revenue size is the most significant factor of carbon emissions, pressure from investors has a significant decreasing effect on carbon emissions, which is greater for investment-grade companies. We find that carbon emissions have time-varying effects on corporate CDS spreads, which supports the “investor awareness” hypothesis across sectors and credit quality. The sectoral impacts indicate that carbon emissions are priced prominently in the CDS spreads of firms in sectors where the transition to carbon-free energy sources appears relatively less complicated and less expensive. Finally, we report the impacts of carbon emissions on the CDS spread curve, where they are priced in both short- and long-term CDS spreads, and high carbon emissions steepen the CDS spread curve.

Published: Okimoto, Tatsuyoshi, and Sumiko Takaoka, 2024. "Sustainability and credit spreads in Japan," International Review of Financial Analysis, Volume 91 (2024), 103052.
https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1057521923005689