日本語タイトル:新型コロナ後の在宅勤務の生産性ダイナミクス:企業パネル調査による分析

Productivity Dynamics of Work from Home since the Onset of the COVID-19 Pandemic: Evidence from a panel of firm surveys

執筆者 森川 正之(所長・CRO)
発行日/NO. 2022年7月  22-E-061
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、新型コロナ下での在宅勤務(WFH)の実態とその変化を、企業サーベイに基づくパネルデータを用いて概観する。その結果によると、第一に、2021年末におけるWFH実施企業割合、WFH集約度は、いずれも2020年に最初の緊急事態宣言が発出された時期に比べて大幅に低下した。第二に、WFHの生産性の平均値は1年半の間に数%ポイント上昇したが、依然として職場での生産性と比べると20%以上低いというのが企業の評価であり、この数字は労働者自身の評価と同程度である。第三に、過半数の企業は、新型コロナ終息後はWFHをやめて従来の働き方に戻すことを考えており、労働者の希望との間には大きなギャップがある。

(本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(22-J-005)に修正を加えた上で、英語版にしたものである)

概要(英語)

This study documents the adoption, intensity, and productivity of work from home (WFH) practices since the onset of the COVID-19 pandemic using panel data from original firm surveys in Japan. According to the results, at the end of 2021, the ratio of WFH-adopting firms and the intensity of WFH decreased substantially compared to when the first state of emergency was declared in 2020. Second, although the mean productivity of WFH improved by a few percentage points, it is still approximately 20% lower than that at the usual workplaces. The firms’ evaluation of remote workers’ productivity at home is similar to the results obtained from a survey of employees engaged in WFH. Third, the majority of firms are planning to discontinue the WFH practice and revert to the conventional workstyle after the end of COVID-19, indicating that there is a large gap between firms’ intentions and the desire of remote workers.