日本語タイトル:中小企業向け設備投資税制の因果効果

Causal Effects of a Tax Incentive on SME Capital Investment

執筆者 細野 薫(ファカルティフェロー)/布袋 正樹(大東文化大学)/宮川 大介(一橋大学)
発行日/NO. 2022年5月  22-E-048
研究プロジェクト 企業成長のエンジン:因果推論による検討
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、企業レベルのパネルデータを用いて、本邦中小企業の生産性向上設備への投資を対象として2014年に導入された税制優遇措置が中小企業の設備投資と労働生産性に与えた因果効果を推計した。第一に、2014年の当該措置の導入によって生じた資本財価格の外生的な下落が、この制度を「利用する資格のある」中小企業全体の設備投資比率を増加させたという事実は確認されなかった。この結果は、当該措置を実際に利用した企業の割合が極めて小さいことによると考えられる。第二に、しかしながら、税制優遇措置を「実際に利用した」中小企業を資本金規模の近しい大企業(対照群)と比較したところ、これらの中小企業の設備投資比率が上昇すると共に労働生産性の改善が確認された。第三に、当該措置を利用した企業は対照群との比較において資本装備率の増加が見られなかった。第四に、こうした設備投資比率の上昇は、手元流動性が乏しく、規模が小さく、社齢の若い企業で顕著であった。これらの結果は、中小企業向け設備投資税制の利用が資金制約を軽減し、労働生産性の改善に資する資本の性能向上につながったこと示唆している。

概要(英語)

We estimate the causal effects of a tax incentive for specific productivity-enhancing equipment that was introduced in 2014 for Japanese small and medium-sized enterprises. Using firm-level panel data, we obtain the following findings. First, the introduction of the tax incentive did not on average effectively increase the capital investment ratio of eligible firms, which could be due to the small number of firms using the incentives. Second, despite the first finding, the firms using the tax incentive increased their capital investment ratio and improved labor productivity more than the comparable firms did. Third, firms using the tax incentive did not increase capital intensity. Fourth, among the firms using the tax incentive, less cash-rich, smaller, and younger firms increased their capital investment ratio to a greater degree. These results show that the actual use of the tax incentive mitigates financial constraints in upgrading capital and improving labor productivity.