日本語タイトル:仮想将来世代を導入した意思決定における認知変化と個人属性の影響‐参加型環境計画に基づく実証‐

Changes in Perception and the Effects of Personal Attributes in Decision-making as Imaginary Future Generations: Evidence from participatory environmental planning

執筆者 原 圭史郎(コンサルティングフェロー)/納谷 昌宏(大阪大学)/北梶 陽子(広島大学)/黒田 真史(常葉大学)/野間口 大(大阪大学)
発行日/NO. 2022年5月  22-E-045
研究プロジェクト 経済成長に向けた総合的分析:マクロ経済政策と政治思想的アプローチ
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、大阪府吹田市の第3次環境基本計画をテーマに、市民および市職員が参加するフューチャー・デザイン討議を2019年に4回にわたって実施し、仮想将来世代の仕組み導入が、参加者による2050年の市の将来像と今後取り入れるべき政策オプションの意思決定に与える影響を分析した。また、仮想将来世代の仕組み導入と、参加者の認知変化および個人属性との関係性を検証した。討議の発言データおよび各回の討議終了後に実施したアンケート調査データに基づく一要因分散分析、そして重回帰分析を行った結果、以下を明らかにした。すなわち、1)仮想将来世代の視点で検討した2050年社会像と政策オプションは、現世代視点で検討したケースと比べて内容や質に変化がみられること、2)「将来に対する危機意識」や「社会全体にとって望ましいと思われる目標の共有認識」などに関わる認知は、仮想将来世代の仕組みを導入することによって高まること、3)現世代の視点から意思決定する際には、個人特性としての「批判的思考(Critical thinking)」の度合いが、これらの認知の高まりに影響するものの、仮想将来世代の仕組みを導入することにより、個人の「批判的思考」の度合いは、これらの認知の高まりに影響を与えるファクターではなくなる可能性があること、の3点である。これらの結果は将来世代を考慮した持続可能な意思決定を支える仕組みのデザインに資する知見である。

概要(英語)

In this study, we conducted a Future Design deliberation workshop on the theme of the “3rd Environmental Master Plan” of Suita City, Osaka Prefecture, over four sessions in 2019, with the participation of both city residents and officials of the city government. To condition the deliberations of participants, we adopted the method of Imaginary Future Generations (IFGs) and analyzed its impact on their future vision of the city in 2050, policy options needed to shape that future, and changes in their perceptions. We also investigated how the adoption of IFGs affects the relationships between personal attributes and the changes in their perception. The results of variance analysis and multiple linear regression analysis based on data from the deliberations and questionnaire surveys of participants conducted after each session revealed the following: 1) The content and quality of the 2050 vision of society and policy options conceived from the perspective of the IFG differed from those conceived from the perspective of the current generation; 2) IFG heightened certain perceptions, such as “a sense of crisis about the future” and “a shared recognition of goals that are desirable for society as a whole”; and 3) Although the degree of “critical thinking”, as a disposition of individuals, influences the heightening of perceptions in decision-making from the perspective of the current generation, when IFG is adopted, it seems that the degree of “critical thinking” is no longer a factor in heightening these perceptions. These findings could be useful for designing mechanisms to facilitate sustainable decision-making that considers the interests of future generations.