日本語タイトル:国際投資協定が日本の対外直接投資に与える影響:企業レベルの分析

Impact of International Investment Agreements on Japanese FDI: A firm-level analysis

執筆者 浦田 秀次郎(ファカルティフェロー)/白 映旻(福山大学)
発行日/NO. 2022年4月  22-E-038
研究プロジェクト グローバリゼーションと日本経済:企業の対応と世界貿易ガバナンス
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、日本の国際投資協定(International Investment Agreements, IIAs)の日本企業による対外直接投資(Foreign Direct Investment, FDI)の立地選択への影響を分析する。分析ではIIAsの質および過去における投資に関する紛争の有無なども考慮する。分析対象は2000年から2019年までの94被投資国、16製造業、12非製造業における日本企業の直接投資であり、条件付きロジット・モデル(conditional logit model)を用いて分析した。分析結果からは、日本企業は過去においてISDSの被提訴国となった国を避ける傾向が強いことが明らかになった。一方、日本企業による投資国選択において、IIAの存在、特に包括的かつハイレベルな投資協定の存在が重要な要素であり、IIAおよびISDSに対するこのような日本企業の姿勢は、中小企業において強く表れている。また、投資受入国の高い規制の質(regulatory quality)は、FDIを誘致するのに対し、規制の質が低い国では、IIAがFDI誘致に与える肯定的な影響が強いことが明らかになった。

概要(英語)

In this study, we examine the impact of Japan’s international investment agreements (IIAs) on the locational choice of Japanese firms’ foreign direct investment (FDI) by considering the quality of IIAs. We estimate the conditional logit model covering 94 host countries, 16 manufacturing sectors, and 12 non-manufacturing sectors from 2000 to 2019. We found that the presence of IIAs, particularly comprehensive and high-level ones, has a positive impact on Japan’s FDI. On the contrary, the past incidence of investor–state disputes has a negative impact. These effects are found to be particularly strong for FDI by small and medium-sized enterprises. High regulatory quality is found to attract FDI, whereas the positive impact of IIAs in attracting FDI is strong in countries with low regulatory quality.