日本語タイトル:教師の専攻分野は生徒の理科の学力に影響を与えるか? 生徒・教師固定効果を用いた分野間比較分析

Do Teachers' College Majors Affect Students' Academic Achievement in the Sciences? A Cross Subfields Analysis with Student-Teacher Fixed Effects

執筆者 井上 敦(NIRA総合研究開発機構)/田中 隆一(ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2022年2月  22-E-004
研究プロジェクト 大規模行政データを活用した教育政策効果のミクロ実証分析
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、教師の専攻分野が生徒の学力に、どのような、またどのように影響を与えるかを、自然科学の分野間(物理学、化学、生物学、地学)の生徒内変動を利用して検証した。中学生を対象とした国際数学・理科教育調査(Trends in International Mathematics and Science Study)のデータを用い、生徒・教師固定効果をコントロールした結果、大学で自然科学を専攻した教師は、専攻分野に対応する分野の生徒の学力を向上させることがわかった。専攻分野の効果のおよそ半分は、教育実践によって説明され、特に、授業の準備状況の違いによって説明された。この結果は、生徒と教師間の内生的なマッチングの影響を考慮しても頑健である。

概要(英語)

We examine whether and how teachers' major fields of study affect students' achievement, exploiting the within-student variation across subfields in natural science (i.e., physics, chemistry, biology, and earth science). Using middle-school students' data from the Trends in International Mathematics and Science Study and controlling student-teacher fixed effects, we find that teachers with college majors in the natural sciences improved students' achievement of subfields in the natural sciences corresponding to their own subfields of college majors. Teaching practices explain about half of the effect of teachers' major fields, and the majority of the effects through teaching practices is accounted for by teachers' preparation for teaching science topics. The results are robust to potential endogenous matching between students and teachers.