日本語タイトル:デフレーションと停滞するビジネス・ダイナミズム:現金前払アプローチによる分析

Deflation and Declining Business Dynamism in a Cash-in-Advance Economy

執筆者 古川 雄一 (ファカルティフェロー)/丹羽 寿美子 (園田学園女子大学)
発行日/NO. 2021年7月  21-E-058
研究プロジェクト 市場高質化による自己増殖型変化への対応の文理融合研究
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究は、デフレーションとビジネス・ダイナミズムの停滞の関係を分析している。このために、インフレーションが、企業のライフサイクル―参入、退出、およびサバイバル―に与える影響は大きいという実証研究からの提案を、いわゆるR&Dに基づく内生的成長モデルに導入した。モデルは次の新しい特徴を持つ: (i) 企業はR&Dによってイノベーションを創出した後、参入費用を支払う必要がある; (ii) 参入後, 市場で活動を続けていくためにサバイバル投資を行う必要がある; また、 (iii) イノベーション・サバイバル投資はいわゆる現金前払 (cash-in-advance, CIA) 制約に直面する。

長期均衡において、デフレーションは、企業のダイナミクスの性質の決定要因であることを発見した。具体的には次のとおり。インフレ率の下落は、イノベーション投資とサバイバル投資を活性化あるいは抑制する可能性があるが、参入費用が十分高い場合、 両者を抑制する。結果、デフレーションは、企業年齢分布の高齢化を促し、ビジネス・ダイナミズムの停滞をもたらす。モデルを米国経済にカリブレートし、実証的に妥当な参入・退出・インフレ率の下で、デフレーションがビジネス・ダイナミズムを引き起こすことを確認した。また、企業の自然退出率が大きい場合、デフレーションは社会厚生の低下をももたらすことがわかった。

概要(英語)

This study considers the relationship between deflation and declining business dynamism. We do this by incorporating the empirical evidence that inflationary factors essentially affect all stages of an R&D firm's life cycle―entry, exit, and survival―into an R&D-based growth model. Our model has a new feature; namely, the entry, exit, and survival of R&D firms are all endogenous and subject to a cash-in-advance constraint. The core finding is that deflation can significantly affect the nature of business dynamism. Specifically, a decrease in the inflation rate potentially encourages or discourages innovation and survival investments; however, it necessarily discourages both if the entry cost is sufficiently high. In this case, deflation stifles business dynamism, leading to lower entry and exit rates and a maturity bias in the firm age distribution. Calibrating the model to the U.S. economy, we show that deflation causes declining business dynamism under realistic values of entry, exit, and growth rates. Then, we show that deflation also causes welfare loss if the natural rate of firm exit is higher.