日本語タイトル:大学の知識の商業的活用と科学研究の促進を目指した国立大学制度改革の効果

Chasing Two Hares at Once? Effect of Joint Institutional Change for Promoting Commercial Use of University Knowledge and Scientific Research

執筆者 グォン・ソクボム (東京大学)/元橋 一之 (ファカルティフェロー)/池内 健太 (研究員(政策エコノミスト))
発行日/NO. 2021年3月  21-E-026
研究プロジェクト デジタル化とイノベーションエコシステムに関する実証研究
ダウンロード/関連リンク

概要

大学における科学的な研究と科学的知識の商業的利用の促進を両立することは科学技術政策にとって最も重要な目的の1つである。本研究では、大学で生まれた科学的知識の商業利用を促進するのと同時に、科学研究自体を奨励するための研究業績評価システムの導入を通じた大学制度の変更が研究活動に及ぼす影響を検証する。われわれの実証分析は、教員の業績を定期的に評価しながら、教員の科学的知識の産業活用を支援する制度が導入された2004年の日本の国立大学改革に基づいている。日本の国立大学および私立大学に所属する5000人を超える科学者のデータを用いて分析した結果、この制度変更によって、研究の質に大きな変化をもたらすことなく、国立大学の研究者の論文生産性が向上したことが明らかになった。また、この国立大学改革により、より多くの研究者が技術的応用に寄与する研究を志向するようになったことも分かった。なお、これらの影響は、ライフサイエンス分野の研究者と国立大学改革以前に技術的応用研究に積極的でなかった科学者において、より顕著であった。本稿では、これらの分析結果に基づいて、大学の知識の商業的利用を促進するための制度変更の科学研究に及ぼす影響についての先行研究への貢献と政策的含意についても議論する。

概要(英語)

Stimulating the university's scientific research while encouraging the commercial use of the resulting knowledge is one of the foremost missions of science policymakers. The present research examines the short-term impact of joint institutional changes for facilitating the commercial use of university knowledge and stimulating scientific research activities through the introduction of a research performance evaluation system on university scientists' research outcomes. Our empirical analysis is based on Japan's national university reform in 2004, which introduced institutional measures to support the income-generating activities of academic staff while implementing a regular evaluation of their performance. Our analysis of over 5000 scientists in Japan's national and private universities finds that this joint institutional change increased the research productivity of national university scientists without significant change in research quality. Also, we find evidence showing that the reform encouraged more of them to engage in research that serves as a knowledge input for developing technological applications. These short-term effects are specific to the scientists who were in the Life Science domain and those who were inactive in developing technical applications before the reform. Contributions to the literature on how an institutional change to encourage commercial use of university knowledge affects science and implications for science policy are discussed.

Forthcoming: Kwon, Seokbeom, Kazuyuki Motohashi, and Kenta Ikeuchi. "Chasing two hares at once? Effect of joint institutional change for promoting commercial use of university knowledge and scientific research," The Journal of Technology Transfer.