日本語タイトル:新型コロナウイルス感染症拡大下の在宅勤務の生産性:企業サーベイによる分析

Productivity of Working from Home during the COVID-19 Pandemic: Evidence from a Firm Survey

執筆者 森川 正之 (所長・CRO)
発行日/NO. 2021年1月  21-E-002
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、日本企業に対する独自のサーベイに基づき、新型コロナウイルス感染症の下での在宅勤務の採用状況、頻度、生産性について概観する。その結果によれば、回答企業のうち約半数が在宅勤務を実施していた。在宅勤務集約度すなわち在宅勤務による労働投入のシェアは、在宅勤務実施企業の平均で約23%である。在宅勤務従業者の生産性を職場での生産性と比較した平均値は約68%である。ただし、在宅勤務集約度、生産性のいずれも企業間での分散が大きい。本稿の結果は、就労者を対象としたサーベイの結果とおおむね整合的である。

本稿は、日本語版のディスカッション・ペーパー(20-J-041)に修正を加えた上で、英語版にしたものである。

概要(英語)

This study examines the prevalence, frequency, and productivity of the working from home (WFH) arrangement in Japan during the COVID-19 pandemic using data from an original firm survey. The results reveal that about half of the firms that responded to the survey adopted the WFH arrangement. The mean WFH intensity, or the contribution of WFH to the total labor input, was approximately 23% among firms that adopted the WFH arrangement. The mean WFH productivity relative to working at the typical workplace was approximately 68%. However, large dispersions are observed in both WFH intensity and WFH productivity. The results obtained from the firm survey are generally consistent with the observations from the employee survey.