日本語タイトル:生まれ月がスキルやスキル形成に及ぼす影響

Month-of-Birth Effects on Skills and Skill Formation

執筆者 山口 慎太郎 (東京大学)/伊藤 寛武 (慶応義塾大学SFC研究所)/中室 牧子 (慶応義塾大学)
発行日/NO. 2020年10月  20-E-079
研究プロジェクト 日本におけるエビデンスに基づく政策形成の定着
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、就学期の子供たちの生まれ月が、認知スキルと非認知スキル、およびスキル形成に与える影響を推定した。その結果、(同じ学年の中でも相対的に若い)早生まれの子供たちは、認知・非認知スキルが低いことが明らかになった。この傾向は低学年の生徒ほど顕著である。このメカニズムを明らかにするために、生まれ月と、子供たちの対人関係や時間の使い方との関係について検討した。その結果、早生まれの子どもほど、認知スキルについては補完的な教育投資を行っているが、同時にクラスの友人や教師との関係が悪く、非認知スキルの長期的な発達に悪影響を及ぼす可能性があることが明らかになった。これらの発見は、効率性と公平性に関する議論に貢献することが期待される。

概要(英語)

We estimate month-of-birth effects on cognitive and noncognitive skills, as well as factors relevant to skill formation. Our estimates indicate that younger students in a given grade cohort have lower cognitive and noncognitive skills. To shed light on the underlying mechanisms, we also examine children's time use and interpersonal relationships. We find evidence of compensatory investment in cognitive skills by younger children, however, they are also more likely to have poor-quality relationships with their classmates and teachers, which may harm the long-term development of noncognitive skills. Our findings on skill formation have implications for efficiency and equity.