日本語タイトル:「未来人」になることで人々は何を語りだすのか?―「仮想将来世代」をよき意思決定のための一般準則のなかに位置付ける

What Do People Say When They become "Future People"? - Positioning Imaginary Future Generations (IFGs) in General Rules for Good Decision Making

執筆者 廣光 俊昭 (財務総合政策研究所)/北梶 陽子 (広島大学)/原 圭史郎 (コンサルティングフェロー)/西條 辰義 (高知工科大学フューチャーデザイン研究所 / 総合地球環境学研究所)
発行日/NO. 2020年10月  20-E-076
研究プロジェクト 経済成長に向けた総合的分析:マクロ経済政策と政治思想的アプローチ
ダウンロード/関連リンク

概要

長期的な影響を伴う公共の決定において、現世代による決定は、将来世代の福祉を含む長期的な福祉に影響を与える。しかしながら、意思決定過程に参画できるのは現世代に限られる。Saijo [1 , 2]を踏まえ、本稿では、将来世代になり切って未来の立場から意思表示を行う「仮想将来世代」を、わが国の地方都市における住民間討議に招き入れる。住民間の討議の分析を通じて、仮想将来世代を含む討議では、世代を超えて共通する基礎的ニーズへの関心が高まることを明らかにする。対人反応性のうち他者の視点から物事をみる能力など認知的側面が、仮想将来世代らしい発言をする上で好ましい条件であることを示唆するとともに、討議の実施環境が未来人らしい発言を参加者がするかどうかを左右する大きな要因であることを明らかにする。最後に本稿では、討議の分析に基づいて、Rawls [10]による無知のベール等の哲学上の議論を参照しつつ、仮想将来世代を導きいれる試みを、よき意思決定のための一般準則という広い文脈のなかに位置付け、その意義を明らかにする。

概要(英語)

In public decisions with long-term implications, decisions of the present generation will affect long-term welfare, including future generations. However, only the present generation is able to participate in such decision-making processes. In this study, based on Saijo [1, 2], we invited "Imaginary Future Generations" (IFGs), which are participants in a discussion that take on the role of members of future generations to argue on behalf of their future interests, to engage in present-day deliberations among residents of a Japanese town. Through an analysis, it is seen that the deliberations among IFGs raise interest in issues that are related to common fundamental needs across generations. While the cognitive aspects of interpersonal reactivity, which measures reactions of one individual to the observed experiences of another, are seen as useful in arguing for the interests of future generations, it is suggested that the environment for deliberation has a significant impact on the ability to effectively take on the role of members of future generations. Finally, this paper positions IFGs within the broad context of general rules for good decision making, based on an analysis of these deliberations and in light of philosophical arguments such as the veil of ignorance.