日本語タイトル:知らぬが仏? 年齢、誤解、女性政治家への支持

Ignorance is Bliss? Age, Misinformation, and Support for Women's Representation

執筆者 Barry C. BURDEN (ウィスコンシン大学)/尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2020年7月  20-E-066
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

大多数の有権者は、議会で何人の女性が当選したかを過大に評価しているが、こうした誤った認識を持つ有権者の数は年齢とともに減少している。若い世代の有権者ほど、女性政治家が議会でどのくらいの議席を得ているかを過大評価する傾向にあり、こうしたパターンは特に男性有権者の間で強くみられる。また、過去に自らの選挙区から女性候補者が当選したと記憶している有権者ほど、女性政治家の数をさらに過大評価する傾向にある。若い世代の有権者のこうした誤解は、本人の本来の意思に反して、女性候補者を選挙で選ぶ必要性を抑え、政治に対する信頼感を高めてしまうことで、「知らぬが仏」効果を生じさせてしまっている可能性がある。これとは対照的に、より現実に近い正しい認識を持つ高齢者の存在は、政治における男性優位の支配体制が社会の中で明白になるとともに、それを変える原動力となるかもしれない。

概要(英語)

Most people overestimate how many women have been elected in Congress and state legislatures, but this misinformation reduces with age. Multivariate analysis of our original survey data confirms that young people are prone to overestimating how many seats are held by women, and this pattern is especially sharper among male respondents. In addition, a memory of being represented by a woman in the past tends to inflate overestimates further. Erroneous thinking among the young may produce an "ignorance is bliss" effect by reducing the apparent need to elect more women to office and raising levels of trust in government. In contrast, more realistic beliefs among older people makes the dominance of men in public office more apparent and actionable.