日本語タイトル:コロナ禍における企業退出:日本の企業レベルデータに基づく実証分析

Firm Exit during the COVID-19 Pandemic: Evidence from Japan

執筆者 上田 晃三 (早稲田大学)/及川 浩希 (早稲田大学)/宮川 大介 (一橋大学)
発行日/NO. 2020年7月  20-E-065
研究プロジェクト 企業成長のエンジン:因果推論による検討
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う企業の退出について検討したものである。具体的には、まず、企業の最適停止時間問題として定式化した退出に関する理論モデルを構築し、コロナ拡大前(2019年)の企業退出を含む企業レベルデータを用いて構造推定を行った。そのうえで、2020年2月以降の売上高変動に関するサーベイデータを参照することで、本来生じていたと考えられる企業退出をシミュレーションした。分析の結果、第一に、企業退出に関して、業種や地域に関する高い異質性が確認された。第二に、2020年2月以降の売上高減少が今後の売上高成長率見通しへ部分的に影響するという想定の下で行ったベンチマークシミュレーションから、企業退出が前年同月と比べて20%程度増加するとの試算結果が得られた。この値は、2020年2月以降の足元の売上高成長率の低下が永久に継続するという最も悲観的な想定においては110%、売上高減少が売上高の成長率見通しに全く影響しないという最も楽観的な想定では10%となる。また、ベンチマークシミュレーションによれば、企業退出を前年の水準に留めるため(超過退出の阻止)には、数千億円規模の補助金が必要と試算された。足元の倒産件数は前年を下回っており、倒産手続きの遅れや各種の企業支援措置が企業の退出を抑制していると考えられる。

概要(英語)

Firms have exited the market since the start of the COVID-19 pandemic. To evaluate the number of firms exiting the market and their exit rate, we construct a simple model, in which firms optimally choose stopping time for their exit. We estimate the model using firm-level data on firm exits before the pandemic. Subsequently, using recent survey data on firm sales growth, we simulate potential firm exits during the pandemic under the condition that the institutional background, represented by activities such as bankruptcy procedures and government rescue plans, did not change the exit option value. Our main findings are as follows. First, we find sizable heterogeneity with respect to the number and rate of firm exits across industries and regions. Second, in aggregate, the pandemic potentially increased firm exits by around 20% compared to the previous year under the assumption that the recent reduction in firm sales is temporary and, thus, partially incorporated into firms' expectations for future trend sales growth. In two extreme cases in which the recent sales reduction has a full or no impact on firms' expectations for future sales, firm exits increased by 110% and 10%, respectively. Third, these increases are mainly due to the decrease in the expected sales growth rate, rather than the increase in uncertainty. Finally, we quantify the hypothetical amount of government subsidies needed to prevent excess increases in potential firm exits, which is around 10-3 of Japan's GDP.