日本語タイトル:裁判官の属性と法の支配をめぐる適正性の認識:人種、ジェンダー、裁判官の公平性に関する国民の評価

Ascriptive Characteristics and Perceptions of Impropriety in the Rule of Law: Race, Gender, and Public Assessments of Whether Judges Can Be Impartial

執筆者 尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)/Michael A. ZILIS (University of Kentucky)
発行日/NO. 2020年7月  20-E-063
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

司法手続きの公平性に対する認識は、法制度の正統性に影響を与えるが、司法手続き自体を改革することで、法の支配に対する国民の支持を強化することが出来る。しかし、近年、司法当局は大きな課題に直面している。それは、司法の公平性に対して、変えることのできない裁判官の属性(例えば、性別や人種など)に基づいて、人々から疑問が投げかけられたり、非難がなされたりすることである。本論文では、米国における法制度の文脈において、人々が女性やマイノリティーの裁判官が不適切であると感じる状況に焦点を当てて、裁判官の属性が司法の公平性に対する人々の認識に与える影響について分析を行う。米国における2つのサーベイ実験に基づく研究結果からは、裁判官の性別や人種によって、裁判結果が公正かどうかの判断が変わることが示され、特に女性とヒスパニック系の裁判官に対する評価が、右派と左派の人々の間で大きく異なることが明らかになった。

概要(英語)

Perceptions of procedural fairness influence the legitimacy of the law, and because procedures are mutable, reforming them can buttress support for the rule of law. Yet legal authorities have recently faced a distinct challenge: accusations of impropriety based on their ascriptive characteristics (e.g., gender, ethnicity). We study the effect of these traits in the context of the U.S. legal system, focusing on the conditions under which citizens perceive female and minority judges as exhibiting impropriety, and how this compares with perceptions of their white and male counterparts. We find that Americans use a judge's race and gender to make inferences about which groups the judge favors, whether she is inherently biased, and whether she should recuse. Notably, we find drastically different evaluations of female and Hispanic judges among the political right and left.