日本語タイトル:COVID-19に伴う首都封鎖は経済にどのような影響を及ぼすか:サプライチェーンデータに基づく推計

The Propagation of Economic Impacts through Supply Chains: The Case of a Mega-city Lockdown to Prevent the Spread of COVID-19

執筆者 井上 寛康 (兵庫県立大学)/戸堂 康之 (早稲田大学)
発行日/NO. 2020年4月  20-E-037
研究プロジェクト 経済ネットワークに基づいた経済と金融のダイナミクス解明
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿はCOVID-19の感染拡大対策として可能性のある首都封鎖が経済にどのような影響を及ぼすか推計したものである。この推計にはさまざまな方法が採られているが一般的に困難である。なぜなら封鎖の影響はその封鎖したエリアのみならず、需給の変化がサプライチェーン上を伝播し、他の地域にまで影響を及ぼすためである。われわれはエージェントベースモデルと日本の主な企業を網羅した約160万社の実際のサプライチェーンデータを取り入れ、この推計を行った。具体的には、東京23区内で生活必需産業を除いた企業が停止した場合の日本全体の影響を、さまざま封鎖期間で推計した。結果として、例えば1カ月封鎖した場合、その間接的な生産の減少は東京23区における直接的な生産の減少の2倍程度になり、合計では23兆円の生産額の減少となる。これは年間のGDPの5.3%にあたる。東京23区の日々の生産額は全体の21%であるが、1カ月封鎖後には日本全体の日々の生産額は86%減少する。

概要(英語)

This study quantifies the economic effect of a possible lockdown of Tokyo to prevent the spread of COVID-19. The negative effect of such a lockdown may propagate to other regions through supply chains because of supply and demand shortages. Applying an agent-based model to the actual supply chains of nearly 1.6 million firms in Japan, we simulate what would happen to production activities outside Tokyo when production activities that are not essential to citizens' survival in Tokyo are shut down for a certain period. We find that when Tokyo is locked down for a month, the indirect effect on other regions would be twice as large as the direct effect on Tokyo, leading to a total production loss of 27 trillion yen in Japan, or 5.3% of its annual GDP. Although the production that would be shut down in Tokyo accounts for 21% of the total production in Japan, after a month, the lockdown would result in an 86% reduction in production of Japan.