日本語タイトル:選挙キャンペーンに見られる候補者の男女差―選挙公報のメッセージに関するテキスト分析の結果から

Gender Differences in Campaigning under Alternative Voting Systems: Evidence from a Quantitative Text Analysis of Election Manifestos in Japan

執筆者 尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)/三輪 洋文 (学習院大学)
発行日/NO. 2020年4月  20-E-034
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

本研究では、候補者の選挙キャンペーンに見られる男女差が、選挙制度の変化に関わらず継続するかどうかについて検証する。既存研究において、候補者の性別が有権者の投票行動に一定の影響を及ぼしているとされるが、空間理論や近年の実証研究によれば、選挙における、こうした候補者個人間の違いは、小選挙区制の下では小さくなるはずであり、それにより女性候補者が女性の利益を代表しなくなってしまう可能性が存在する。そこで、日本の事例に焦点を当てて、選挙公報に見られる候補者個人の公約における男女差が、選挙制度改革の前後で、どのように変化したのかを、確率的トピックモデルを用いて検証する。20年以上にわたる選挙公報のテキストデータによると、候補者の公約の内容には、彼らの所属政党や年齢などの個人的属性をコントロールしてもなお統計的に有意な男女差が見られ、男女の候補者間で選挙公報において強調される政策争点に違いが存在していた。さらに、このような違いは、中選挙区制から小選挙区制への大幅な選挙制度改革が行われた後も顕著なものとして残存していることが判明し、候補者の男女差に関しては、空間理論や近年の実証研究の指摘とは異なる傾向が導かれた。

概要(英語)

We evaluate an important question in the growing literature on women's substantive representation – whether gender differences in candidate issue engagement are robust to institutional environments that encourage policy convergence and "median-voter" chasing. While a growing body of evidence from American- and comparative politics reveals that gender does play a role in voters' evaluations of candidates, long-standing spatial theories and recent empirical work suggest that such candidate differences should disappear in the face of strategic incentives inherent to single-member district races – thereby limiting the potential for a descriptive-substantive link in women's representation. We address this question by leveraging the case of Japan, which allows us to analyze gender differences both before and after a major electoral reform that effected well documented changes in the nature of campaigning. Owing to the consistent and widespread use of candidate manifestos in Japanese elections, the case also enables us to more comprehensively and reliably measure candidate issue engagement than has typically been done in the representation literature. Using recently pioneered methodologies in probabilistic topic modeling on an analysis of over 20 years of general election manifestos, we find significant differences in the issues that male and female candidates use to present themselves to constituents regardless of party affiliation and other attributes. Moreover, we find that these differences remain salient even after the wholesale change from a multi-member district to a single-member district electoral system.