日本語タイトル:移民がもたらす利益・不利益情報が移民に対する態度に与える影響

The Effects of Negative and Positive Information on Attitudes toward Immigration

執筆者 五十嵐 彰 (立教大学)/尾野 嘉邦 (ファカルティフェロー)
発行日/NO. 2020年3月  20-E-023
研究プロジェクト 人々の政治行動に関する実証研究ー経済産業面での政策的課題に対するエビデンスベースの処方箋の提示を目指して
ダウンロード/関連リンク

概要

移民に関する既存研究においては、経済的、文化的、安全保障上の脅威に対する懸念が、人々を反移民的な態度に導くことが強調されてきた。その一方で、移民はこれらの面で受入れ国の社会に利益をもたらす可能性があるにも関わらず、それらが移民に対する人々の態度に及ぼす影響についてはほとんど解明されていない。移民がもたらす潜在的な脅威と利益に関する情報が、それぞれ人々の移民に対する態度に与える影響と効果を比較検証するために、本研究では米国の有権者を対象とするサーベイ実験を行った。その結果によると、移民の潜在的脅威を強調する否定的情報にさらされても、回答者は移民に対する態度を変えない反面、移民がもたらす潜在的利益を強調する肯定的な情報にさらされると、移民に対する反感が減ることが示された。興味深いことに、この傾向は、いずれも雇用、経済的負担、文化、治安という、これまで既存研究で議論されてきた主要な4つの領域にわたって同様に観察された。さらに、回答者の人種や支持政党、教育水準、居住地域における移民の割合によって、回答が変わることもなかった。これらの結果は、米国の有権者は必ずしも移民による脅威に関する情報に影響されやすいわけではないことを示唆しており、移民排斥のレトリックは、移民支持のレトリックに比べて、移民に対する人々の態度を変える効果は小さいことが明らかになった。

概要(英語)

The literature on immigration has emphasized the close connection between potential threats posed by immigrants and the development of anti-immigrant sentiment among natives. Yet, immigrants also benefit the host society, and we know little about the effects of perceived benefits on attitudes toward immigration. By conducting a vignette survey experiment, we explore how exposure to negative and positive information about immigrants shapes people's attitudes toward immigration. Our results show that feelings of hostility toward immigrants are reduced in respondents when they are exposed to positive information, while the exposure to negative information does not necessarily change their attitude. Interestingly, these results are equally observed across four major issue domains discussed in existing studies—jobs, financial burden, culture, and physical safety. Furthermore, the effects of exposure to positive information are not modified by partisanship, race, education, or exposure to immigrants. These results suggest that pro-immigrant rhetoric can be effective in changing people's attitudes toward immigration.