日本語タイトル:外国人既婚女性の労働供給の実証研究:低い女性労働参加率の受け入れ国

Labor Force Participation of Married Female Immigrants: Evidence from a Low Female-LFPR Host Country

執筆者 劉 洋 (研究員)/萩原 里紗 (明海大学)
発行日/NO. 2020年3月  20-E-019
研究プロジェクト 日本在住の外国人の就労、移住と家庭に関する実証研究
ダウンロード/関連リンク

概要

日本の深刻化した労働力不足への対策の1つとして、外国人労働者の受け入れ政策が積極的に実施された。外国人労働者の数が急増し、その半数以上は女性である。本稿は大規模な国勢調査の個票データを用いて、日本にいる外国人既婚女性の労働供給を実証的に分析した初の研究である。他の外国人を受け入れてきた国々とは異なり、日本は、女性就労が比較的進んでいない国である。女性の労働参加率が日本より高い国から来た外国人労働者は、長期的に日本に居住すると、日本人と同化することによって、労働参加率が低下するという懸念がある。しかし、本研究の結果では、個人や世帯などの属性をコントロールしても、日本に長期的に居住しても、労働参加率が来日0-5年未満の平均率と比べて低下しないことが分かった。さらに、外国人女性の就労の決定要因については、日本人女性と同様に、教育、夫の収入、親との同居などに影響される一方、出身国の文化からの影響も大きいということが示された。本研究の学術的な貢献については、疫学的なアプローチ (epidemiological approach)における女性就労の研究のうち、先行研究は、女性就労が進んだ受入国に限定して分析を行っている一方、本研究は、女性の労働参加率が出身国より低い受入国を分析対象にしている点で、世界的に見て新しいエビデンスを提供していることが挙げられる。具体的には、本研究の分析結果は、(1) 文化が女性の労働参加の意思決定における役割の重要性と、(2) 移民の経済的な同化(economic assimilation)と文化的な同化(cultural assimilation)に関する学術的な発展に寄与すると考える。

概要(英語)

The study provides novel evidence regarding labor force participation rate (LFPR) of married female immigrants, by examining immigrants who live in a comparatively low female-LFPR host country (Japan), which differs from previous studies which concentrated on immigrants in comparatively high female-LFPR host countries. First, the results indicate an important role of source-country culture in determining their labor participation rate. In particular, the two widely used proxies of culture, namely country-average social attitudes and LFPRs in source countries, significantly affect the LFPR of female immigrants who have lived in Japan for five years or more. Furthermore, both wife's and husband's source-country culture have significant estimated effects on LFPR, with larger estimates for the wife's than the husband's). This not only supports previous findings on wife's culture in high female LFPR host countries, but also provides new evidence on the effect from the husband's source-country culture. Other significant influences on LFPR of long-term female migrants include education, husband's education level and employment, having young children, living with 85- year- or- older family members, which are consistent with the theoretical model of labor supply. Second, controlling for individual characteristics, the study finds that female immigrants' LFPR does not decrease compared with their first few years in Japan, even though Japan has a lower female LFPR than their source countries. On the contrary, their LFPRs tend to increase above the levels of their first few years in the country. The study explains it as a larger positive effect from economic assimilation (i.e., adapting to economic opportunities and local labor markets), than the typical negative effect from cultural assimilation (i.e., influenced by negative attitudes towards women's work in the host country).