日本語タイトル:保護主義者の世界における中国の輸出

China's Exports in a Protectionist World

執筆者 Willem THORBECKE (上席研究員)/Nimesh SALIKE (Xi'an Jiaotong-Liverpool University)/CHEN Chen (Xi'an Jiaotong-Liverpool University)
発行日/NO. 2020年2月  20-E-011
研究プロジェクト East Asian Production Networks, Trade, Exchange Rates, and Global Imbalances
ダウンロード/関連リンク

概要

関税、通貨戦争、保護主義は中国企業にリスクをもたらしている。理論上、関税と為替レートは輸出数量に同等の影響を及ぼすが、実際には、関税は通貨高よりも貿易を抑制する。本稿では、中国の輸出の4桁分類の為替レート弾性値を推定し、それを用いて関税が輸出に与える影響の下限を暗示する。推定結果は、電子機器や機械といった中国の旗艦産業が通貨高や関税の影響にさらされていることを示している。本稿ではさらに、中国がリスクを緩和し、不確実性を減少させるために、より自由な貿易を推進する方法を検討していく。

概要(英語)

Tariffs, currency wars, and protectionism pose risks for Chinese firms. In theory, tariffs and exchange rates exert equivalent effects on export volumes. In practice, tariffs deter trade more than appreciations. This paper estimates exchange rate elasticities for China's four-digit export categories, and uses these to infer lower bounds for the impact of tariffs on exports. The results indicate the China's flagship industries such as electronics and machinery are exposed to exchange rate appreciations and tariffs. The paper then considers how China can promote freer trade to mitigate risks and reduce uncertainty.