日本語タイトル:タックスヘイブンと国際的なライセンシング

Tax Havens and Cross-border Licensing

執筆者 Jay Pil CHOI (Michigan State University)/石川 城太 (ファカルティフェロー)/大越 裕史 (ミュンヘン大学)
発行日/NO. 2019年12月  19-E-105
研究プロジェクト オフショアリングの分析
ダウンロード/関連リンク

概要

国の間で法人税に差がある場合、多国籍企業は移転価格を通じて税金対策を行う誘因をもつ。無形資産の国際間移動は容易なため、この誘因は、多国籍企業が無形資産を有する場合に強まる。このような税金対策に対して、OECDがアームズ・レングス原則(ALP)を提唱した。本論文は、タックスヘイブンが存在する場合にALPが、無形資産のライセンス戦略や経済厚生にどのような影響を及ぼすかを分析する。ALPについては、2つの方法(独立価格比準法(comparable uncontrolled price method)と 取引単位営業利益法(transactional net margin method))をとりあげる。多国籍企業が外部企業にライセンスを供与すると独立価格比準法が適用されるため、多国籍企業は外部企業にライセンスの供与を行わず、その結果経済厚生が下がってしまう可能性が生じる。しかし、多国籍企業と外部企業が財市場で競争している場合には、ライセンス供与がかえって経済厚生を悪化させてしまう可能性がある。

概要(英語)

Multinational enterprises (MNEs) are incentivized to use transfer pricing in tax planning when corporate tax rates differ in different countries. The incentive is stronger when MNEs own intangible assets which can easily be shifted across countries. To mitigate such strategic avoidance of tax payments, the OECD proposed the arm's length principle (ALP). This paper investigates how the ALP affects MNEs' licensing strategies and welfare in the presence of a tax haven. We specifically deal with two methods of the ALP: the comparable uncontrolled price method and the transactional net margin method. The ALP may distort MNEs' licensing decisions, because providing a license to unrelated firms restricts the MNE's profit-shifting opportunities due to the emergence of comparable transactions. In particular, the avoidance of licensing in the presence of the ALP may worsen domestic welfare if the licensee and the MNE's subsidiary do not compete in the domestic market, but may improve welfare if they compete.