日本語タイトル:物的担保・経営者保証が起業に及ぼす影響

The Effect of Physical Collateral and Personal Guarantees on Business Start-ups

執筆者 本庄 裕司 (ファカルティフェロー)/小野 有人 (中央大学)/鶴田 大輔 (日本大学)
発行日/NO. 2019年10月  19-E-087
研究プロジェクト 企業金融・企業行動ダイナミクス研究会
ダウンロード/関連リンク

概要

本稿では、資金制約が起業に及ぼす影響を、起業家予備群と実際の起業家とを識別できる個人レベルのミクロデータを用いて実証的に分析する。資金制約の変数として、地域別にみた物的担保、経営者保証の利用率を用いる。本稿の分析結果によれば、経営者保証の利用率が高い地域では、その地域に住む個人が起業家予備群になる確率は低い。しかし、物的担保の利用率は、起業家予備群、実際の起業家のどちらにも負の影響を及ぼしていない。これらの分析結果は、日本の低水準の起業率の原因が、担保として利用可能な物的資産の不足ではなく、潜在的な起業家のリスクテイク意欲の欠如にあることを示唆している。

概要(英語)

This study examines whether financial constraints discourage individuals from starting businesses by using individual-level micro data that identify nascent entrepreneurs and actual entrepreneurs in Japan. As proxies for financial constraints, we use regional variations in the use ratios of physical collateral and personal guarantees. We find that individuals are less likely to become nascent entrepreneurs if they live in regions where the use ratio of personal guarantees is higher. However, we do not find a negative relationship between the use ratio of physical collateral and the likelihood of becoming entrepreneurs. Our findings indicate that the low level of Japan's entrepreneurship is due to the lack of risk-taking by potential entrepreneurs, rather than a lack of collateralizable physical assets.